ロゴ:中継

「マイク1本片手に握り、今日も今日とて街を行く」
テレビ界の重鎮たちがレジェンドリポーターズとして
あなたの街から生中継(します)!

画像:浅草寺・羽子板市

東京都台東区浅草2丁目付近

http://www.asakusa-toshinoichi.com/

2017年12月19日(火)放送

台東区 浅草寺・羽子板市

リポーター:大木凡人

毎年、12月の17日、18日、19日の3日間、台東区の浅草寺(観音様)の境内で羽子板市が開かれます。
「市」とは、神社仏閣の縁の日、参詣人の集まる日に、近郷在住の人々が日常生活用品を商うために「市」が立ち、「歳の市」とはその歳の最後の市です。
江戸の歳の市は浅草が最も古く、万治元年(1659年)両国橋が架けられた頃と言われています。
浅草の歳の市は、日常生活用品の他に新年を迎える正月用品が主になり、それに羽子板が加わり華やかさが人目をひくようになりました。その華やかさから押し絵羽子板が「市」の主要な商品となり、いつしか市が「羽子板市」といわれるようになり「人より始まり人に終わる」と言われるほどの賑わいとなりました。

ツイート シェア mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加