過去の放送:アーカイブ

# 82日本初の安全靴メーカー青木産業株式会社

放 送:2018年10月21日 18:15~18:30
再放送:2018年11月18日 18:15~18:30

工事現場や建築現場、さらには自衛隊、救急隊、警察と様々な現場で活躍する「安全靴」。
危険が伴う作業現場では作業者が安全靴を着用することが法律で義務付けられている。

そして、「安全靴」の名付けの親であり、日本で初めて開発・販売をしたのが東京都台東区にある青木産業株式会社。
創業者である青木健之助さんは、第二次世界大戦に記者として従軍。
戦地では、粗末な装備から足を怪我し、それが原因で多くの仲間を失った。
また、戦後の東京では空襲の復興のため多くの労働者が動員されたが、彼らもまた釘やガラスを踏み抜いてしまい作業ができなくなるという現場が多かった。

「良い靴は命を守る」この信念を胸に健之助さんは世界で一番安全な靴を作ることを決心する。

番組では「安全靴」の製作秘話と青木産業の底ヂカラに迫る。
次へ前へ
トップへアーカイブへ
ツイート シェア mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る