過去の放送:アーカイブ

# 81IT導入で生産性向上甲州屋呉服店・ミツミ製作所

放 送:2018年08月19日 18:15~18:30
再放送:2018年09月16日 18:15~18:30

デジタル技術の発展と普及によりビジネス環境が進化し続ける現代。
そんな中、中小企業でもIT導入が活発化。
ものづくりやサービス業の現場でも活用されています。

新宿区にある甲州屋呉服店。
大正時代創業の老舗だが、かつては伝票や商品管理が昔ながらの紙上で行われていた。
そこで、バーコードを読み取ると瞬時に商品データを確認することができるシステムを導入。
これで作業が効率化され営業がスムーズにこなせるようになった。
さらに最近は、新たな事業にも着手。売上は40%アップしたという。

葛飾区にあるミツミ製作所は金属の精密切削加工を得意とする会社で、
従業員わずか5名で11台の機械を稼働させている。
しかし以前は紙面や口頭でのやり取りが多く、過去のデータ確認なども時間がかかっていた。
そこで社長が目をつけたのは無料のアプリケーション。
スケジュール管理やデータなどをパソコンやスマートフォンで確認ができるようになった。

最近は無料のアプリや予算を抑えた【身の丈にあったIT導入】が
中小企業の間で活用されている。

東京商工会議所が推進する【スマートものづくり】の現場を紹介する。
次へ前へ
トップへアーカイブへ
ツイート シェア mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る