アート・ステージ~画家たちの美の饗宴~|情報番組

テーマ
「イギリス児童文学 その魅力的な挿絵の世界」
2019.03.16 放送
主な紹介作品

・「プーとコブタが、狩りに出て…」、『クマのプーさん』第3章(E.H.シェパード 1926年)クライブ&アリソン・ビーチャム・コレクション蔵
・「ながいあいだ、三人はだまって、下を流れてゆく川をながめていました」、『プー横丁にたった家』第6章(E.H.シェパード 1928年) ジェームス・デュボース・コレクション蔵

・「グングン、くつをひっぱったので……」、『クマのプーさん』第8章(E.H.シェパード 1926年)V&A蔵

「おいでよ、トラー、やさしいよ」、 『プー横丁にたった家』第4章(E.H.シェパード 1928年)V&A蔵
・『クマのプーさん』初版本(1926年 メシュエン社によりロンドンにて出版;ジャロルド&サンズ社印刷)V&A内ナショナル・アート図書館蔵

・「枝には、ハチミツのつぼが10ならんでいて、そのまんなかに、プーが…」、『クマのプーさん』第9章(E.H.シェパード 1970年)英国エグモント社蔵

・「プーを穴からひっぱり出す」、『クマのプーさん』第2章(E.H.シェパード 1926年)V&A蔵
・「ハチのやつ、なにか、うたぐってるようですよ」、『クマのプーさん』第1章(E.H.シェパード 1926年)V&A蔵

バックナンバー

トップページへ