東京インフォメーション

月曜~金曜
朝7:15~7:20
(モーニングCROSS内)

放送内容

肝炎ウイルス検診を受けましょう

2019年7月22日
7月28日は「日本肝炎デー」。きょう22日から28日までの1週間は「肝臓週間」です。
都は、「肝臓週間」をきっかけに肝疾患の正しい知識と感染予防の大切さを知ってもらおうと、都庁第一本庁舎1階で、25日木曜日から29日月曜日まで“ウイルス性肝炎についてのパネル展”を開催します。
肝臓がんで亡くなる人は、全国で年間約3万人。B型またはC型肝炎ウイルスが原因で肝臓がんを発症する割合は約8割ですが、自覚症状がほとんどなく、感染に気づいたときには慢性肝炎や肝臓がんに進行していることもあります。
ウイルス性の肝炎は、早期発見・早期治療が大切です。肝炎ウイルス検査を受けたことがない人は、是非1度お受けください。検査はお住まいの区市町村で、ほとんどの場合、無料で受けることができます。詳しくは、福祉保健局健康推進課・電話03-5320-4363へお問い合わせください。
また、虎の門病院と武蔵野赤十字病院には、肝疾患についての相談を受け付ける「肝疾患相談センター」が設置されています。平日の午前9時半から午後4時まで、看護師などが電話で対応しています。

ツイート シェア mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
▼ 最近の記事
  一覧へ >>