東京インフォメーション

月曜~金曜
朝7:15~7:20
(モーニングCROSS内)

放送内容

人権問題都民講座“音楽と人権”

2018年8月10日
東京都人権プラザで、今年度2回目となる「人権問題都民講座」が開催されます。
今回は、「ラップは時代を映しているか? 現代アメリカの音楽文化と人権」をテーマに、アメリカの音楽文化が専門の慶應義塾大学法学部教授・大和田俊之さんが講演します。ファッション、ダンス、アートなどと同様に政治や社会の影響を受けながら変化し続ける音楽は、現代における人権のあり方を色濃く反映しています。講座では、音楽の持つ時代性や社会・人権との関わりなどについて解説します。今月24日(金)の午後6時半から、東京都人権プラザで開催されます。電話・FAX・メールのいずれかで、今月17日(金)までにお申込みください。また、当日は講座の前に、人権プラザの専門員によるブックトーク「人権を学ぶ人のためのヒップホップ入門」が開かれます。いずれも定員は80人で、参加費は無料です。

ツイート シェア mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
▼ 最近の記事
  一覧へ >>