東京インフォメーション

月曜~金曜
朝7:15~7:20
(モーニングCROSS内)

放送内容

17日から「TURNフェス4」開催

2018年8月9日
都とアーツカウンシル東京は、今月17日から文化事業「TURNフェス4」を開催します。
「TURN」とは、障害の有無、世代、性、国籍、住環境などの背景や習慣の違いを超えた、多様な人々の出会いによる相互作用を表現として生み出すアートプロジェクトの総称です。東京都とアーツカウンシル東京が、東京2020大会に向けて、オリンピックの文化プログラムとして実施しています。
(アーツカウンシル東京 奥山理子さん)「『TURN』では、日頃からさまざまなアーティストが各地の福祉施設などを訪れ、協働活動を重ねる交流プログラムを行っています。『TURNフェス』は、各地でのTURN交流プログラムなどの活動から生まれた作品やオリジナルプログラムを一堂に集めた、年に一度のフェスティバルです。
4回目を迎えたことしは、監修者の日比野克彦さんによる造語『日常非常日(ピッジョッピジョッピ)』をテーマに、ひとりひとり異なる日常が出会うことで生まれる違いを知り、それを楽しむ場を創造します。
会場では、日比野克彦さんが施設にショートステイした作品などの展示やステージのほか、ワークショップなどを行います。さらに、参加アーティストなどが案内役となって一緒にフェスを巡るツアープログラム、福祉施設や地域などのテーマとアートの関係を語るトークイベントも3日間で20本以上実施する予定です。
私たちは、想像力を源とするアートの力で『人と違う』ことに価値を見出し社会へ発信することで、人々の意識の枠組みを更新したいとの思いから『TURN』を実践しています。
『TURN』とは、アートプロジェクトであると同時に、こうした活動を導くための新たな価値観でもあるのです。
会場には、手話通訳や文字支援などのアクセシビリティーサービスをご用意しています。
みなさんのご来場をお待ちしています。」
ツイート シェア mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
▼ 最近の記事
  一覧へ >>