東京インフォメーション

月曜~金曜
朝7:15~7:20
(モーニングCROSS内)

放送内容

「つえ」の安全性テストの結果

2019年9月19日
都は、つえの安全性に関する商品テストを実施しました。(生活文化局 永山さん)「高齢者の歩行を安定させたり、足腰にかかる負担を軽減させるなどの歩行補助のために様々な「つえ」 が普及していますが、一方で、高齢者のつえによる事故も報告されています。中でも、「製品破損」の事例が多く、「使用中、折り畳みつえのつなぎ目が陥没。はずみで転倒し、左手の指を骨折した。」などの事故が起きています。こうした状況を踏まえ、東京都では、都内の店舗、インターネットで販売されている千円以下のつえの中から、折り畳み式で長さ調節が可能な商品、折り畳み、長さ調節がともにできない商品6検体を選定し、安全性の商品テストを実施、その結果、6検体中5検体は破損や変形が見られ、任意の安全基準であるSG基準に相当する強度を満たさず、製造事業者等による強度試験の有無も確認できませんでした。強度など安全や信頼性が確認された製品に表示されるこちらのSGマークは、商品の品質を判断する参考になりますので、購入時などにご確認ください。
また6検体中4検体には「補助的に使用する」旨の記載があり、「全体重を支えることができない」などの用途等に関する注意表示がありましたが、2検体には記載がありませんでした。商品の中には、つえなしでは歩行できない方の使用には不向きなものもあるため、身体の状態に合ったつえを選びましょう。また、杖は握りの先端に過大な力をかけるような使い方をしない、使用前に各部を点検する、体にあった長さのものを使うなど、安全に使用するための注意点もあります。必ず、取扱説明書を確認し、正しく使いましましょう。」
ツイート シェア mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
▼ 最近の記事
  一覧へ >>