TOKYO MX NEWS

東京で暮らし
働く人のためのニュース番組

東京五輪、観戦客で駅は大混雑!? 専門家が試算

(五輪 - 2018年8月23日 18時30分)
ツイート シェア mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京オリンピック・パラリンピックの大会期間中は、世界中から多くの観戦客が東京を訪れます。東京都内の大規模な駅では、競技場に向かう観戦客で大混雑する可能性があることが専門家のシミュレーションで分かりました。

 普段から多くの人が行き交い混雑する東京都心の鉄道駅ですが、2020年の東京大会には国内だけでなく、世界中から観戦客が押し寄せ、さらに混雑することが予想されます。これらの観戦客が交通機関を使った場合の首都圏の混雑状況について、交通ネットワークに詳しい中央大学の田口東教授は、国土交通省の資料などを参考に試算しました。

 通勤客を800万人と設定し、そこに観戦客が1日65万人訪れるという条件で試算したところ、ある特徴が分かりました。田口教授は「都心の主要な乗換駅や路線で観戦客が通常の客と重なると、大きな混雑が起こる可能性がある」と指摘します。

 田口教授によりますと、大会期間中の朝の通勤ラッシュ時は、乗車率200%の電車が首都圏で1.5倍に増えるということです。乗車率200%とは「体が触れ合い、相当な圧迫感がある」混雑で、朝のJR総武線や東京メトロ東西線と同じ水準です。駅ごとの乗客数の変化を見ると、東京駅で10%、新宿駅で20%、永田町駅で30%ほどそれぞれ乗客数が増加し、大きな乗換駅では混雑が激しくなることが予想されます。田口教授は、そこまで増えていないように感じるこの「数十%の増加」がさらなる混雑を引き起こす可能性があるとして、「駅の構造を分かっていない、あるいは“朝の混雑時のルール”に慣れていない乗客が何十%か乗ると、人の流れそのものが止まる可能性もある。高速道路でいえば、渋滞が起きる状況になるので、ホームの中に人がたくさん集まってしまう」と懸念を示しました。

 そのほか、湾岸エリアの豊洲駅についても乗客が2.5倍に膨らみます。駅の利用客からは「大変。特に朝と夜が大変」「人数が少ないに越したことはないが、難しいですかね」といった声が聞かれました。

 そして特に混雑が顕著なのが新国立競技場の最寄り駅、JR千駄ケ谷駅です。大規模な駅ではありませんが、ここにも多くの観戦客が詰め掛けることが予想されます。開会式と閉会式、そして陸上競技が行われる新国立競技場の最寄り駅となる千駄ケ谷駅の混雑予測について、田口教授は「通常の乗客は朝のラッシュ時間帯で2000~2500人。オリンピック関連の乗客が、開始・終了に合わせてピーク時3万人ぐらいなので、10倍以上もの人が利用することになる」とシミュレーション結果を基に説明しました。

 千駄ケ谷駅の混雑について田口教授は“遠い最寄り駅”を活用することが解決の鍵だとして「最寄りの駅(の意味合い)をもう少し広く取って“やや遠い最寄り駅”を設定し、利用客を分散させるのが大きな解決策になる」と指摘します。新国立競技場の最寄り駅は千駄ケ谷駅ですが、新宿駅から歩いて会場に向かうよう誘導することで、混雑を緩和することができるといいます。ただ、この場合、沿道での熱中症対策は必要不可欠としています。

 65万人の観戦客が快適に交通機関を利用しながらも、都心の企業の経済活動を継続させるためにはどのような解決方法があるのでしょうか。田口教授は「通常客を減らすには『電車に乗らない』のが一番。テレワークをする、自宅で仕事をする、通勤時間をずらすという対策が有効」と指摘します。

 東京都の小池知事は、現在約7%にとどまっているテレワーク実施企業を、大会までに35%まで引き上げたいとしています。

ただ今、放送中の番組

mx1 05:30~06:00
お買い物情報

ニュース・情報番組

東京マーケットワイド 東京マーケットワイド
毎週月~金曜日(MX2)
8:30~11:40 12:29~15:20
東京インフォメーション 東京インフォメーション
毎週月~金曜日
7:15~7:20
18:25~18:30
(祝日は18:15~18:20)
都知事定例会見 都知事定例会見
毎週金曜日
13:59~(予定)
東京都議会中継 東京都議会中継
HPに放送日掲載