モーニングCROSS

トップに戻る

今、我々の周囲で起こっているあらゆる社会問題や政治問題を徹底取材!
さらにスポーツやファッション、グルメなど様々な最新トレンドもご紹介します

2019年07月05日(金)

今回、取材したのは「VR×福祉」。
都内の障害者福祉施設で、高齢者たちが360度カメラで撮影した富士山や広島、沖縄の映像を見ていました。このサービスはVRの技術を使って、まるでその場にいるような疑似旅行が体験できる「VR旅行」。サービスを開発した人は元介護職員で、外出が難しい高齢者たちに「旅行を楽しんでもらいたい」という思いでこのサービスを始めました。VRを通して故郷の景色を見た人の中には、思い出すように昔のことを話している人もいました。これは「回想法」と言われる、懐かしい物や映像を見て思い出を語り合うことで、記憶を喚起する心理療法によく似ています。回想法は認知症の進行を遅らせることが期待されていて、VRだとより直感的・能動的に映像が見られるので、回想法の手段として、その研究が行われています。
そして今回特別に、世界的VRアーティストのせきぐちあいみさんのVRアートに高齢者たちが挑戦。みなさん初めてのVRに驚きと笑顔を見せていました。
VRはいままでになかった福祉の新たな光になるかもしれません。

2019年07月

TOPに戻る
ツイート シェア