TOKYO MX > ドラマ > 恋とか愛とか(仮) > Episode38感じる女#3-Another Story

恋とか愛とか(仮)

毎週日曜日 23:00~23:30(TOKYO MX2)

ツイート シェア mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
投票は公式ページから

放送情報

Barコイカリ
~女子プロレスラーの恋愛事情~

2019年12月8日放送

ゲストは広島県世羅町出身の女子プロレスラー・世羅りささん!

もっと見る

Episode38 感じる女#3-Another Story

(2018年12月22日放送)

巡回中の警察官(松本)が防犯登録確認のため、光志(さいねい)に氏名の確認をとるが、光志の表情が曇る。その様子に、すず(町本)が発した言葉は・・・?


B)光志をフォローする


「清水・・・光志ですけど。」すずは仕方なく警官に名前を告げるが、防犯登録では「西園寺光志」になっているとの指摘が。するとすずはとっさに、「彼はホストやってて源氏名が清水なんですよ。」とフォローして難を逃れる。ただ、西園寺という名前が心に引っかかる。
喫茶店で向かい合うのは、光志と西園寺幸恵(松中)。なんと2人は兄弟で、借金を抱えた光志に姉の幸恵が手を差し伸べていた。幸恵は、暇つぶしに光志を使ってシンママのすずを誘惑させ、その顛末を聞いて楽しんでいただけだった。すずは幸恵に問い詰めると、「シンママで若いから、うちの弟なんてどうかな~と思って。」とシラを切る。納得いかないすずをよそに、幸恵は更に光志を追い詰める。「あんたがすずと一緒になって、お店の権利を持ってこい!そしたら借金チャラにしてあげる。」光志は幸恵に言われる通り、すずに結婚を申し込むが、さすがのすずも怪しいと見破った。全てを暴露した光志。そして、すずのことは本当に好きになったと告白する。幸恵を問い詰めたすず。幸恵は、シンママでバリバリ働くすずが羨ましく、専業主婦として悔しかったと謝罪した。結局、光志は幸恵に借金を返済し、すずと太陽との3人の生活が始まろうとしていた。

過去の放送