TOKYO MX > ドラマ > 恋とか愛とか(仮) > Episode37気付いた女#3

恋とか愛とか(仮)

毎週日曜日 25:05~25:35(TOKYO MX1)

ツイート シェア mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
投票は公式ページから

放送情報

オリジナルドラマ
「歌読む男、占う女」第1夜

2020年7月12日放送

若狭五郎は短歌サイトに作品を投稿する「短歌男子」。日々短歌を投稿するも、恋愛経...

もっと見る

Episode37 気付いた女#3

(2018年10月6日放送)

レズビアンの沙耶(尾村)は、同じくレズビアンのあずみ(梅田)に、恋の悩みを打ち明けスッキリしたが、あずみから「朝まで一緒にいたい。」と誘われた。

B:一夜を共にしてみる
あずみの誘いに乗った沙耶は、その夜初めて女性の体を知り、今までに感じたことのない安らぎを味わった。詩織を裏切った罪悪感で心は痛んだが、詩織の感情は愛情ではなく友情だと思い、関係にピリオドを打った。
二年後ー
会社に就職した沙耶は、あずみと同棲を始めていた。ある日、相談があると雄二(さいねい)に呼び出される。雄二は親に対し「彼女と一緒に住んでいる」と偽り、同性愛者であることをカミングアウトしていなかった。そこで沙耶に、彼女のフリをしてほしいと懇願する。その場の体裁は取り繕った雄二だが、沙耶も、そしてあずみも、カミングアウトすることに対して壁を感じていた。ただ、あずみは沙耶に対し、いちばん大事なのは二人の気持ちだと諭していく。
時は経ち、ダイニングテーブルを囲む4人がいた。沙耶・あずみ・雄二、そして雄二の恋人の彰だった。4人はルームシェアを始めていた。世間からカムフラージュするために、お互い助け合って生活している。内々で友情結婚パーティーも行い、いつまで続くかわからないこの生活に幸せを感じていた。

過去の放送