TOKYO MX > ドラマ > 恋とか愛とか(仮) > Episode34挟まれる男#1

恋とか愛とか(仮)

毎週日曜日 23:00~23:30(TOKYO MX2)

ツイート シェア mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
投票は公式ページから

放送情報

Barコイカリ
~女子プロレスラーの恋愛事情~

2019年12月8日放送

ゲストは広島県世羅町出身の女子プロレスラー・世羅りささん!

もっと見る

Episode34 挟まれる男#1

(2018年6月9日放送)

大学生の康生(河原翔太)には、付き合って3ヶ月の彼女・記久子(沖優美佳)がいる。
ある日、記久子の自宅に招かれた康生は、母・久美(mako)に挨拶をする。久美は気さくでテンションも高く、康生もほっと一安心。
記久子の父親は単身赴任中のため、自宅には庭の手入れをする庭師・横尾(さいねい)の姿もあった。和やかな午後のひととき・・・。
絵が得意な康生に対し久美は「絵の描き方を教えてほしい。」と懇願。康生も、記久子の家に定期的に行くことができると快諾する。
それからというもの、記久子の家で過ごす時間が増えていった康生。しかし、久美の様子が少しづつ変化していく。
「こうちゃ~ん、これよかったら食べて~。」
おみやげで貰ったケーキ。その中にはなぜかアクセサリーが入っていた・・・。
後日、絵画レッスンのあと、再び久美から渡される袋。その中には高価な洋服などがいくつか入っていた。困惑する康生。
久美の勢いはとどまることを知らず、レッスンのたびに御礼の品が渡されるように。高価なアクセサリー・デジタルガジェット・ギフトカード・・・。
記久子には内緒にしておいてという久美の意図が全く理解できない康生。これはおかしい、このままじゃまずい。ここで康生が取った行動は・・・?

過去の放送