監督紹介

徳尾浩司

徳尾浩司(とくお組 主宰)

ドラマタイトル:「SHELTER」

脚本家・演出家。1979年4月2日生まれ、大阪府出身。「とくお組」主宰。
最近の主な作品に、映画『劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD~』ドラマ『チア☆ダン』(TBS)『きみが心に棲みついた』(TBS)(いずれも脚本)などがある。

岸本鮎佳

岸本鮎佳(艶∞ポリス 主宰)

ドラマタイトル: 「血塗られたブラジャー」

1984年3月22日生まれ、神奈川県出身。
演劇ユニット「艶∞ポリス」主宰。全作品の脚本、演出、出演をこなす。
近年はドラマ脚本も手掛け、代表作に関西テレビ『健康で文化的な最低限度の生活』、テレビ朝日『私のおじさん~WATAOJI~』がある。
2019年8月21日〜29日には自身が作・演出を手掛ける舞台「上にいきたくないデパート」が三越劇場にて上演予定。

西条みつとし

西条みつとし(TAIYO MAGIC FILM 主宰)

ドラマタイトル: 「ラブホテル602」

1978年4月12日生まれ、千葉県出身。
2012年5月、劇団太陽マジック(現TAIYO MAGIC FILM)旗揚げ。
「下北沢ダイハード」など人気ドラマや多数の映画脚本を担当するなど、TVや映画でも活躍中。

山田佳奈

山田佳奈(□字ック 主宰)

ドラマタイトル: 「渇望~三十路の祭りに~」

1985年神奈川県生まれ、 演出・脚本・俳優・映像監督。
レコード会社のプロモーターを経て、2010年に□字ックを旗揚げ。
映画・MV監督や、フラワーカンパニーズ、怒髪天らミュージシャンとの夏フェスでのコラボレーションなど活動範囲は多岐にわたる。サンモールスタジオ2013年最優秀演出賞を受賞、演劇ポータルサイト「CoRich舞台芸術まつり!2014」グランプリ、2014年度サンモールスタジオ最優秀団体賞受賞。
主な脚本作はNetflixオリジナルドラマ「全裸監督」脚本、ABC テレビ・テレビ朝日『神ちゅーんず』脚本など。

益山貴司

益山貴司(劇団子供鉅人 代表)

ドラマタイトル: 「コミック・オブ・ザ・デッド」

1982年4月11日生まれ、大阪出身。
これまで、子供鉅人のほとんど全ての作・演出を行う。お化けと女の子に怯える幼少期を過ごした後、20世紀の終わり頃に演劇活動を開始する。作風は作品ごとに異なり、静かな会話劇からにぎやかな音楽劇までオールジャンルこなす。一貫しているのは「人間存在の哀しみと可笑しさ」を追求することである。

©2019「劇団スフィア」製作委員会