TOKYO MXトップ > バラエティ > ダイドードリンコスペシャル 日本の祭り 東京が江戸に戻る日 ~赤坂日枝神社 山王祭~ > 「赤坂日枝神社」について

「赤坂日枝神社」について

  • 鎌倉時代、江戸氏が武蔵野開拓の祖神・江戸の郷の守護神として、山王宮を館の中に祀ったのが始まり。文明10(1478)年には、太田道灌がその館の跡に江戸城を築城し、日枝神社を再勧請。鎮護の神として江戸の町の繁栄を見守った。
  • 天正18(1590)年に徳川家康が江戸城に入城すると、「徳川歴朝の産神」として、また江戸市民からは「江戸郷の総氏神」として崇敬されるようになった。その後、家綱の時代に、赤坂の溜池を望む景勝地に社殿を移築し、現在に至る。
  • 明治以降は国事の重大事に際して、常に勅使の御奉告が行われ、皇室から一般まで広く尊信を集めている。

ただ今、放送中の番組

mx2 24:00~24:30
Tokyo Photo Library

オススメ番組