過去の放送:アーカイブ

# 86事業承継シリーズ第二弾イーグルメンテナンス/五十嵐商会

放 送:2019年06月15日 午前08:30~08:45
再放送:2019年07月20日 午前08:30~08:45

中小企業が抱える経営課題の一つとして今注目されているのが“後継者不在による事業承継問題”。
ある調査によると昨年度の国内企業における後継者不在率は66.4%、約18万社で「後継者が不在」だということがわかった。
以前は経営者の息子や娘が後を継ぐことが一般的だったが、現在は子供が継がないケースが多く、後継者を決めかねているうちに経営者が高齢化する傾向にあるという。

東京商工会議所ではこのような問題を解決するために5年前、「ビジネスサポートデスク」を開設。経験豊富な中小企業診断士や税理士に無料で相談をすることができる。

イーグルメンテナンスは今でこそグループ会社全体で約5億円、今から3年前、突然先代の社長が病気で入院。2ヶ月の闘病生活の末、一度も会社に戻らぬまま帰らぬ人となった。しかもこの時会社は債務超過を抱えており、後を継いだ当時社員の佐藤さん(現代表)は東商のビジネスサポートデスクに相談を持ちかける。
このピンチをどう乗り切ったのか!?

一方北区で梱包資材などの卸売りを行う五十嵐商会では今から3年前に早期事業承継を実施。
現代表は創業者で先代の娘・五十嵐幸子さん、現在33歳。
現在は仮免許の社長を自称する幸子社長が早期事業承継を成功させた秘訣に迫る。
次へ前へ
トップへアーカイブへ
ツイート シェア mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る