つなげるテレビ。

つなげるテレビ。への想い

令和という新たな時代となりました。5G、ビッグデータ、AI、さらにはバイオテクノロジー…。世の中は今、大きなパラダイムシフトを起こしつつあります。 「つなげるテレビ。」は、そうした新たな時代に向けて、TOKYO MXが果たすべき役割を改めて見つめ直し、視聴者と広告主の皆さまに「私達が何者であるか」をお伝えすることから始める必要があると考え、若手社員を中心としたプロジェクトでの討議を踏まえて決めた企業メッセージです。 これからのテレビ局の役割は、視聴者の皆さまに良質で面白い番組をお届けし、広告主の皆さまに価値ある広告枠を提供することだけではなく、自らが主体となり、多様な人々との深いコミュニケーションを創り上げ、様々なコミュニティと広告主の皆さまとをつなげる場と方法を提供していくことも大切なことと考えます。 東京のテレビ局として、東京の多様性を尊重し、伝え、ツナゲルことで、東京が抱えている課題や悩みを解決する一翼を担っていきたい。さらには日本の首都であり世界的な国際都市である東京のテレビ局として、国内外の様々な課題解決にも取り組んでいきたい。 「つなげるテレビ。」には、そんな思いを込めました。 「つなげるテレビ。」を掲げ、“行動するテレビ局”として皆さまとの深いエンゲージメントを築いていきたいと思います。 代表取締役社長 伊達寛

ツイート シェア