俳優・常盤貴子が見つけた“極上の京都”を巡る…『京都画報』12/28(月)より4日連続で放送

2021.12.12(日)

17:50

TOKYO MX(地上波9ch)では、毎月第2日曜11:00から好評放送中の『京都画報』のこれまでの放送を、12/28(月)より4日連続で放送します。

TOKYO MX(地上波9ch)では、毎月第2日曜11:00から好評放送中の『京都画報』のこれまでの放送を、12/28(月)より4日連続で放送します。

『京都画報』は、TOKYO MXと株式会社京都放送、日本BS放送株式会社の3社共同制作番組です。
出演者は俳優・常盤貴子さん。毎月さまざまな特集をもとに、京都の寺社仏閣はもちろん、新しいお店情報やキーパーソンへのインタビュー、博物館・美術館の展示情報、手土産情報など、クオリティーライフを送る方々に最新で上質な京都の「美」「知」「芸」「技」「食」をお届けします。


◆京都画報 早春・旧家に伝わる名宝
12月28日(火)7:00~7:55放送 <TOKYO MX1>

 京都市内には江戸末期から昭和初期にかけて建てられた大規模な京町家が、未だ数多く残っています。それらの伝統建築を紹介すると同時に、旧家に伝わる名宝を拝見します。
 また数百年の歴史を誇る伝統工芸の名店や、京都を代表する京縫の工房にもお邪魔し、“用と美”を追求する匠たちが作り出した名品の数々を見せていただきます。さらに和食の名店にもお邪魔し、料亭の玄関によく見られる“餅花飾り”や、京都の特徴ある門松“根引きの松”など、京都独特の風習などもお伝えします。
 また早春の京都グルメもご紹介。2011年から11年連続でミシュランガイド三つ星に輝く名料亭「一子相伝なかむら」と、岡崎公園の人気フレンチ「コムシコムサ」。さらには節分祭で有名な吉田神社が鎮座する吉田山山頂のカフェ「茂庵(もあん)」にもご案内します。

◆京都画報 初夏・京料理を支える匠の技
12月29日(水)7:00~7:55放送 <TOKYO MX1>

 2013年にユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」。その原型を形作ってきたのが京都の食文化です。
 世界中の食通たちを唸らせてきた名料亭では料理はもちろんのこと、建物や部屋の設え、そして料理を盛る器などにも匠たちの技が隅々に活かされています。さらに、老舗のこだわりの味を支える調味料にも、京料理の繊細な味の秘密が隠されています。今回は、そうした名料亭を陰で支える京の伝統文化の匠たちに焦点を当て、その手業と作品の数々をご紹介します。
 また歳時として、京都三大祭のひとつ「葵祭」を。
 その他にも近年特に注目を集める京都の青もみじの名所。そして洋食の名店として岡崎公園に2020年オープンした京都市京セラ美術館内のカフェ「ENFUSE エンフューズ」、さらに恒例の常盤貴子さんお気に入りのカフェとして、イノダコーヒ本店も紹介いたします。

◆京都画報 爽秋・開運の名所を訪ねて
12月30日(木)7:00~7:55放送 <TOKYO MX1>

 この2年間、世界中の人びとを疲弊させた新型コロナウイルス。ワクチン接種も進み、徐々に明るい兆しが見えはじめたとはいえ、まだまだ経済、人びとの生活においても予断を許さない状況が続きます。
 物心ともに緊張を強いられる世の中だからこそ、人びとは人知を超えた存在に救いを求めるのかもしれません。千年もの間、都が置かれた京都の歴史はまた、疫病との闘いの歴史だったといえます。そのような理由からか、京都には厄除け、祈り、開運の聖地とされる場所があちこちに点在しています。
 今回の『京都画報』はコロナ禍の重苦しい雰囲気を吹き飛ばす京都の癒やしスポット、開運スポットなどをご紹介します。またパワースポット周辺のグルメ、さらには恒例の常盤貴子さんお気に入りのカフェなどもご紹介。見るだけでヒーリングを体感できるような癒し映像をお届けします。

◆京都画報 京都の美意識
12月31日(金)7:00~7:55放送 <TOKYO MX1>

 千年の都・京都と、そこに暮らす人びとの暮らしには、長年に亘って研ぎ澄まされてきた美意識をいたるところに感じることができます。今回の『京都画報』は、そうした京の美意識を、「自然の美」、「食の美」、「芸術の美」、「用の美」の面から取り上げ、視聴者に紹介いたします。
 ゲストには京都を代表する料亭 瓢亭 十四代当主、高橋英一さんと、華道 未生流笹岡家元、笹岡隆甫さんをお招きし、常盤貴子がお二人から興味深いお話をお聞きします。
 また芸術にまつわる話題として、常盤さん、笹岡さんが2020年にリニューアルオープンした京都市京セラ美術館を訪問。京都の代表的な近代建築だった前身の旧京都市美術館から保存・継承された建築の魅力を。そして、3800点ものコレクションの中から、美人画の第一人者であり、近代を代表する女流画家であった上村松園の作品を中心に、京都の人びとの美術に対する熱い思いをお聞きします。
 さらには、世界中のセレブリティーから絶大な支持を集める茶筒の老舗 開化堂 六代目、八木隆裕さんからは、京都の伝統工芸が持つ深い精神性を。また八木さんら伝統工芸を受け継ぐアーティストたちが推進する「GOON(ゴーオン)」プロジェクトも紹介。GOONの中心人物である西陣織の老舗 細尾 十二代目 細尾真孝さんの、世界を視野に入れた取り組みもご紹介します。


番組ホームページ:https://s.mxtv.jp/kyotogaho/
番組Twitter:@KyotoGaho

※放送日時・内容は編成の都合上、変更の可能性があります。予めご了承ください。

 

この記事が気に入ったら
「TOKYO MX」 公式
Facebookアカウントを
いいね!してね

RELATED ARTICLE関連記事