TOKYO MX NEWS

東京で暮らし
働く人のためのニュース番組

多摩エリアも上昇目立つ 都内の地価は3年連続で上昇

(地域・まち - 2016年3月22日 21時50分)
ツイート シェア mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
 国が調査した土地の取引価格の指標となることしの公示地価が発表され、都内の平均は3年連続の上昇となりました。特に多摩エリアでの上昇が目立つ結果となりました。
 発表によりますと全国で最も地価が高いのは中央区銀座4丁目で、地価は1平方メートル当たり4000万円を超え、過去最高額を更新しました。外国人観光客が増えて店舗の賃料が上がったとみられます。
 また、都内の住宅地で価格の上昇率が最も高い10カ所の中に、中央区の佃や月島など高層マンションの建設ラッシュが著しい湾岸エリアの4カ所が入っています。背景には東京オリンピックに向け、周辺のインフラ整備が進んでいることが挙げられます。
 一方、多摩地域でも平均で住宅地・商業地ともに3年連続で地価が上昇しています。商業地で上昇率が最も高かったのはJR立川駅前です。去年の上昇率4.1%から0.7ポイント上昇しました。立川駅周辺では既存の施設のリニューアルや再開発が進み、大型家具店や商業施設も次々と建設されています。立川の上昇について不動産鑑定士の服部正利さんは「立川は今、ホテルの需要が強く、都心であふれた外国人観光客の受け皿として利便性の高い立川がクローズアップされている需要の強さも(上昇の)要因」と話しています。
 また、多摩地区の住宅地の上昇率ナンバーワンは、JR吉祥寺駅前で3.3%でした。緑が多い井の頭公園が近く、デパートや商業施設が隣接し利便性が高いことが要因となっているようです。住民からは「建物がそんなに高くなく都会過ぎなくておしゃれ」「お店がたくさんある中でも公園がたくさんあって子どもを育てやすい環境」といった声も聞かれました。
 都内全域の土地の価格は去年の1.9%上昇からことしは2.5%上昇となり、3年連続のプラスとなりました。

ただ今、放送中の番組

mx1 10:30~11:00
日本のチカラ【字】
mx2 10:30~11:00
MXショッピング

ニュース・情報番組

東京マーケットワイド 東京マーケットワイド
毎週月~金曜日(MX2)
8:30~11:40 12:29~15:20
東京インフォメーション 東京インフォメーション
毎週月~金曜日
7:15~7:20
都知事定例会見 都知事定例会見
毎週金曜日
13:59~(予定)
東京都議会中継 東京都議会中継
HPに放送日掲載