TOKYO MX NEWS

東京で暮らし
働く人のためのニュース番組

品川中1いじめ自殺訴訟で和解成立 父親「時が止まったまま」

(福祉・教育 - 2019年1月9日 18時30分)
ツイート シェア mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京・品川区で2012年に自殺した当時中学1年の男子生徒の両親が、自殺はいじめが原因だとして区や同級生に損害賠償を求めた訴訟は、1月9日、区などが解決金を支払うことで和解が成立しました。

 息子を自殺で失った男性は和解が成立したことを受け、東京地裁で会見しました。男性は「息子はとても優しく、思いやりのある子だった。その息子が突然、目の前からいなくなってしまったことが今も理解できず、時が止まったまま」と、悲痛な胸の内を語り、「いじめは子どもの命を奪うもの。子どもの命に関わる重大な問題であることを伝えたいと訴訟に踏み切り、5年間、裁判所に通い続けた」と、訴訟を続けた思いを語りました。

 男性の息子は2012年9月、当時12歳で自ら命を絶ちました。通っていた品川区立の中学校では、同級生らから「うざい」「きもい」「死ね」などと悪口を言われたり、殴る蹴るの暴力を振るわれたり、いじめが繰り返されていました。教育委員会の調べで、いじめには同級生ら生徒32人が関わっていたことが分かり、特に悪質な行為をしていた6人が2013年7月に児童相談所に送致・通告されました。

 その後、男性は息子をいじめていた生徒や当時の担任教師、品川区などに損害賠償を求めて訴えを起こしていました。9日の会見で男性は「私たちは、二度といじめで命を落とす子どもが出ないように、私たち親子のようなつらく悲しい親子が二度と生まれないようにと切に願う思いから提訴をした」と語りました。

 最愛の息子の死から7年がたった2019年1月9日、東京地裁で、男性に対する生徒らからの謝罪と解決金の支払いを条件に和解が成立し、裁判は終わりました。会見で男性は「息子に少しは『頑張ったぞ』という報告ができるかなと思う。ただ、息子はもう帰ってこないという事実は全く変わらないということがつらくて、区切りにはならないと思っている。これからも背負って生きていく」と語りました。

<いじめには1人で悩まず相談を>

 12歳で自ら命を絶った男子生徒が生きていれば、間もなく成人を迎えるほどの年月がたってしまいました。

 今回の裁判では品川区も被告となっていました。品川区の教育委員会は「いじめの再発防止はすでに最重要課題として取り組んでいる」としていて、和解を受けて「今後もいじめ問題への取り組みを推進し、生徒が安心して学べる学校づくりに全力を尽くしていく」とコメントしています。

 この10年ほどで自殺者の人数全体は1万人ほど減っていますが、未成年者の自殺は年間2300人前後で、横ばいの状態で推移しています。こうした子どもの自殺を減らすために、全国各地に相談ダイヤルがあります。例えば東京都では、子どもを対象とした24時間・年中無休で相談を受け付けるフリーダイヤルがあります。自分の名前を言わなくても相談ができます。また、文部科学省では24時間、子どもや保護者などからの電話を受け付けるフリーダイヤルを設置しています。

 家族や友達に話しにくいことがあったとしても、1人で悩みを抱え込まず、決して諦めずに相談してください。

■東京都いじめ相談ホットライン
電話:0120-53-8288(無料。24時間)

■文部科学省 24時間子供SOSダイヤル
電話:0120-0-78310(無料。24時間)

ただ今、放送中の番組

mx1 25:40~26:10
MXショッピング

出演者紹介

  • 有馬 隼人 有馬 隼人
  • 田中 麻耶 田中 麻耶
  • 結城 香織 結城 香織

ニュース・情報番組

東京マーケットワイド 東京マーケットワイド
毎週月~金曜日(MX2)
8:30~11:40 12:29~15:20
東京インフォメーション 東京インフォメーション
毎週月~金曜日
7:15~7:20
都知事定例会見 小池知事定例会見
毎週金曜日
13:59~(予定)
東京都議会中継 東京都議会中継
HPに放送日掲載