TOKYO MX NEWS

東京で暮らし
働く人のためのニュース番組

新天地に懸ける業者 豊洲市場あす開場

(ビジネス - 2018年10月10日 18時30分)
ツイート シェア mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京都の豊洲市場がいよいよ10月11日にオープンします。築地市場から2トントラック4700台分の物が運ばれる「世紀の大引っ越し」が進む中、新天地に懸ける仲卸業者の思いに迫りました。

 10月6日、築地市場が83年の歴史に幕を閉じました。11日に仲卸業者は豊洲市場での営業を始めます。

 築地市場の営業終了まであと1週間に迫った9月28日──。水産仲卸業者「石司」の3代目・篠田貴之さんは豪快にマグロをさばいていました。創業およそ70年となる石司は、国内外にマグロを卸しています。篠田さんは「僕たちは、選択肢が豊洲で商売を続けるしかない。豊洲で精いっぱい、今まで以上に頑張るしかない」と意気込みます。築地での営業が残りわずかとなった心境を聞いてみると「寂しいですね。市場といってすぐに想像するのは築地。自分も育ってきたのでとても思い入れはある」と語りました。

 引っ越し作業が進むオープン前の店を見せてもらうため、篠田さんと共に豊洲市場に向かいました。篠田さんは豊洲に向かう景色を眺めつつ「すごいでしょ、この景色。立地条件はわくわくしかない。きれいでいい場所で本当に近代的。すごくいい」と話しました。そして豊洲市場水産仲卸売場棟で、篠田さんが向かう先にはひときわ目立つ店舗がありました。新しい「石司」です。「前の築地の店のイメージと全く違うでしょ。落ち着いた感じを出したかった。清潔感も出したかったので、そこをこだわった」と篠田さんは語ります。

 “一生に一度の勝負を懸けた”という店内には、新品の冷蔵庫やまな板に加え、マグロが映えるように特殊な照明も取り付けられています。そしてこだわりとして、新たに店頭には漁に出た船の名前が掲げられ、モニターが設置されました。篠田さんは「志の高い船の漁師さんを売っていこうと思っている。志の高い船の名前を出し、モニターで船の作業を映し、お客さんに対して漁師の努力をPRできればと思った」と説明してくれました。新天地への期待に胸を膨らませながら、篠田さんは「築地最後の日」を迎えました。

 築地市場最後の営業日の6日、篠田さんは長年通い続けたマグロの競り場にいました。篠田さんは「すごく感慨深い」としつつも「別に築地閉場だからとか関係なく、一番良さそうなものを買いますよ」と話していました。最も高い値が付いた、いわゆる「一番マグロ」は青森県大間産のもので、438万5000円でした。そして、篠田さんはこの築地最後の「一番マグロ」を競り落としたのです。「お客さんの注文で、どうしても必要だった。うちは『最後だから』というのはこの魚にはない」と話していた篠田さんでしたが「全然気にしていなかったが(築地最後のマグロと)言われると感慨深い」と語りました。マグロをさばく篠田さんは「いい魚だよ、いい魚。やっぱり魚がいいとうれしいよね」と笑顔を見せました。

 「良いマグロを届けたい」という一心で長年築地で働いてきた篠田さんが築地で常連客と話すのもこの日が最後です。常連客と「新天地でお待ちしています」「とりあえずお疲れさまでした」「また豊洲で」とあいさつする篠田さんでしたが「実感がない。11日(豊洲開場日)も築地に来ちゃいそう」と笑い、「今は寂しい思いが大きい。築地にはいろいろな意味で、最終的には『ありがとう』しかない。楽しい場所でした」と思いを語りました。

 翌日、豊洲に移転する業者の本格的な引っ越しが始まりました。篠田さんの開店準備もいよいよ大詰めです。篠田さんは「お客さんの動線、店から発送する動線がスムーズにいくことを願っている」と語り、「長い目で見れば、最後の築地みたいに『魚市場といえば築地』というように、ゆくゆくは豊洲もなっていけばいいと思っている」と前を向きました。

ただ今、放送中の番組

mx1 08:00~08:30
お買い物情報

出演者紹介

  • 有馬 隼人 有馬 隼人
  • 田中 麻耶 田中 麻耶
  • 結城 香織 結城 香織

ニュース・情報番組

東京マーケットワイド 東京マーケットワイド
毎週月~金曜日(MX2)
8:30~11:40 12:29~15:20
東京インフォメーション 東京インフォメーション
毎週月~金曜日
7:15~7:20
都知事定例会見 小池知事定例会見
毎週金曜日
13:59~(予定)
東京JOBS 東京JOBS
毎週水曜日
21:54~22:00
東京都議会中継 東京都議会中継
HPに放送日掲載