TOKYO MX NEWS

東京で暮らし
働く人のためのニュース番組

調布飛行場 自家用機の自粛解除に住民は…

(事件・事故 - 2018年9月13日 18時30分)
ツイート シェア mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京都は調布飛行場での自家用機の離着陸について、自粛要請を解除しました。住民ら8人が死傷した墜落事故から3年余り。住民からは対策が不十分だと不安の声が聞かれました。

 2015年7月、調布飛行場を飛び立った小型機が離陸直後に住宅地に墜落し、機長や住民合わせて3人が死亡し、5人が重軽傷を負いました。飛行場を管理する東京都は、事故の後、地元住民への配慮から自家用機の飛行を自粛するよう求めてきましたが、再発防止策や被害者支援制度が整備されたなどとして、9月13日に要請を解除しました。ただ、再開初日は正午の時点で届け出は1件も出ておらず、当面の間、自家用機が離着陸する予定はないということです。

 事故から3年がたったいまでも現場には事故の爪痕が残っています。金属の溶けた跡は、周辺住民によると小型機の飛び散った破片だといいます。

 3年前、向かいの住宅に小型機が墜落し自宅も被害を受けた男性は、今も不安を抱えて生活しています。男性は上空を指差し、「あれが正規ルート。ただ、高さがパイロットによってまちまち」と指摘します。また、まだ事故の原因は究明されていないとして「本当の意味での原因究明がされているのか。本当の意味での問題解決の改善策は出てこない」と、自粛要請の解除には「納得できない」と話します。

 東京都は、機長の出発前の機体点検や飛行目的の確認の徹底などを再発防止策としていますが、男性はこれについても「小型機は定期飛行と違って、比較的自由に飛べる。計画と実際の差についてわれわれは検証することはできない。現実に、東京都の職員が一緒に飛行機に乗ってやったかやらないか検証できない」と話し、不十分だと感じています。

 東京都に慎重な対応を求めてきた飛行場周辺の調布・府中・三鷹の3市は「地域住民の不安解消」を引き続き、都に対して要望しています。

ただ今、放送中の番組

mx1 28:30~29:00
MXショッピング

出演者紹介

  • 有馬 隼人 有馬 隼人
  • 田中 麻耶 田中 麻耶
  • 結城 香織 結城 香織

ニュース・情報番組

東京マーケットワイド 東京マーケットワイド
毎週月~金曜日(MX2)
8:30~11:40 12:29~15:20
東京インフォメーション 東京インフォメーション
毎週月~金曜日
7:15~7:20
都知事定例会見 小池知事定例会見
毎週金曜日
13:59~(予定)
東京JOBS 東京JOBS
毎週水曜日
21:54~22:00
東京都議会中継 東京都議会中継
HPに放送日掲載