TOKYO MX NEWS

東京で暮らし
働く人のためのニュース番組

武蔵野うどんの魅力で多摩に観光客を

(地域・まち - 2017年12月28日 18時30分)
ツイート シェア mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
 今年最後に皆さんは何を召し上がりますか。もちろん、年越しそばという方が少なくないと思いますが、今回はそばではなく「うどん」の話題です。東京の多摩地域と埼玉県にまたがる武蔵野台地で、古くから親しまれている「武蔵野うどん」をご存知でしょうか。多摩地域ではこの郷土料理で観光客を呼び込もうと、スタンプラリーが開かれています。魅力を取材しました。

 東村山市で創業46年の老舗うどん店・ますやで地元の人々に親しまれているのは「武蔵野うどん」です。お客は「おいしい」「麺にコシがあり、田舎うどんといった感じですごくおいしい」などと話します。

 水はけがいい武蔵野台地は、かつて小麦づくりが盛んで、多くの家庭で手打ちうどんを食べる習慣がありました。冠婚葬祭や正月にも必ず、うどんを食べていたということです。武蔵野うどんの特徴について、ますやの神山マスさんは「まわりがもちもちして、中に芯がある。しっかりコシがあり、かみ応えがある」と話します。そしてこの、コシが強い麺を季節の野菜を添えた温かいつけ汁で味わうこの郷土料理で観光客を呼び込もうと始まったのが「うどんスタンプラリー」です。企画を主催する東京都商工会連合会の米光彰浩さんは「多摩地域の食文化に目を付けた。地域の自然にも触れてもらえるし、地域によって味も違いがあるので楽しんでもらえれば」と話しています。

 スタンプラリーには北多摩地域の7市26店舗が参加しています。うどん店を回ってスマートフォンでスタンプを集め、5個以上で手拭いなどの景品がもらえます。

 さらに、観光客を呼び込む企画はスタンプラリーだけにとどまりません。日帰りのうどんツアーも企画していて、ツアーの中ではうどん打ち体験もできるということです。日帰りツアーは2018年1月から行われ、自分で打ったうどんの試食や食べ比べを体験できるほか、自然豊かな地域の観光スポットを巡ります。1月と2月に合わせて3日間用意されたツアーのうち、すでに2回は定員に達していて、キャンセル待ちの状態だということです。

 武蔵野うどんが注目を集めていることについて武蔵村山市のうどん店・田舎屋の内野理央さんは「とてもありがたい。できれば外国の方にも食べてもらいたい。それは店の力だけではできないので、企画に期待している」と話します。

 地域で親しまれる味で観光客の胃袋と心をつかむことができるでしょうか。スタンプラリーは2018年2月20日まで行われています。

ただ今、放送中の番組

mx2 07:30~07:45
武蔵忍法伝 忍者烈風

出演者紹介

  • 有馬 隼人 有馬 隼人
  • 田中 麻耶 田中 麻耶
  • 結城 香織 結城 香織

ニュース・情報番組

東京マーケットワイド 東京マーケットワイド
毎週月~金曜日(MX2)
8:30~11:40 12:29~15:20
東京インフォメーション 東京インフォメーション
毎週月~金曜日
7:15~7:20
都知事定例会見 小池知事定例会見
毎週金曜日
13:59~(予定)
東京JOBS 東京JOBS
毎週水曜日
21:54~22:00
東京都議会中継 東京都議会中継
HPに放送日掲載