TOKYO MX NEWS

東京で暮らし
働く人のためのニュース番組

初登庁 舛添都政がスタート

(都政 - 2014年2月12日)
 東京都知事選挙で当選を果たした舛添要一新知事がきょう初めて登庁し、舛添都政がスタートしました。
 けさ9時前、舛添新知事は晴れやかな表情で報道陣の前に現れました。自宅前で記者団に囲まれた舛添新知事は「2、3日前から仕事している。きょうは職員と幹部にあいさつしなければいけないので、自分で原稿を書いていたら(寝たのは)夜中の2時になってしまった。だから、全く選挙中と変わらず睡眠不足です」と話しました。また、妻の雅美さんは「(新知事には)謙虚に真摯に頑張ってくださいと声を掛けた」と話し、舛添新知事は「全然日ごろと変わらない。ちゃんとごみ出しもきょうも私がやりましたし」と話しました。
 午前9時半に都庁の正面玄関に到着した新知事は、東京消防庁の音楽隊が行進曲を演奏しおよそ1000人の職員が盛大な拍手で迎える中、オリンピックをイメージした5色の花束を受け取り、登庁しました。その後、東京都知事の椅子の座り心地を聞かれた舛添新知事は「まあ、普通の椅子ですね」と笑いを誘い「恐らくこの椅子が温まる時間はないと思う」と話しました。
 また、舛添知事は都議会の各会派を回り、就任のあいさつをしました。選挙で支援をした都議会自民党と公明党では熱烈な歓迎を受け、舛添新知事は「私も都民の皆さんの直接選挙で選ばれた。皆さま方も都民の直接選挙で選ばれた、両方正当な代表ですから、この車の両輪が他の方向を向いたら方向感覚を失って前に行かない。これまでそういうきらいがあったが、しっかりとスクラムを組んで車を前に進める」とあいさつし、議会との連携を強調しました。自民党では一人一人と握手を交わしながら選挙のお礼を述べました。
 続いて舛添新知事は職員600人を前に着任のあいさつをしました。この中で舛添新知事は「行政は机上の空論であってはなりません。打ち上げ花火のように大衆受けすることを述べたからといって、行政の成果が上がるわけではありません。東京都の職員が都民に奉仕する精神を忘れて適切な対応を怠ることがあれば、都政の信頼は失墜してしまいます。都民に接する時の言葉遣いや態度に、春の光のような温かさが求められています」と訓示しました。また、新知事は最後に第7代東京市長の後藤新平が述べた「市民の幸福は諸君の努力によってもたらされる」という一文を引用して職員を激励しました。
 一方、午後3時ごろからは都庁の幹部を集めた会議が行われ、舛添新知事は幹部に“3つのお願い”を話しました。新知事は「まず第一に、私の選挙公約は一言で言えば『東京を世界一の都市に』することだが、劇場型の都政にする気は毛頭ない。職員一人一人が抱えている職務の一つ一つを世界一のものにしていくという意識の下に、仕事に取り組んでもらうことが重要」と述べ、国や都議会などさまざまな人と連携を深めていく必要があると話しました。また、2つ目には「現場感覚を大切にすること」、そして最後は「ワークライフバランスを重視して家族を大切にすべき」と話し、新知事は「都政の2カ月の空白を早急に埋め、一日も早く都政に対する都民の信頼を回復したい」と呼び掛けました。

ただ今、放送中の番組

mx1 13:00~13:30
お買い物情報

出演者紹介

  • 有馬 隼人 有馬 隼人
  • 田中 麻耶 田中 麻耶
  • 結城 香織 結城 香織

ニュース・情報番組

東京マーケットワイド 東京マーケットワイド
毎週月~金曜日(MX2)
8:30~11:40 12:29~15:20
東京インフォメーション 東京インフォメーション
毎週月~金曜日
7:15~7:20
都知事定例会見 小池知事定例会見
毎週金曜日
13:59~(予定)
東京都議会中継 東京都議会中継
HPに放送日掲載