若さま侍捕物帳

あらすじ松
十二代将軍・家慶の腐敗した天保時代を背景に、田村正和が扮する“若さま”が不正と闘う姿を描いた明るい青春アクション時代劇。

田村正和といえばこれまで時代劇ヒーローとして活躍してきたが、どちらかといえば暗い陰のあるニヒルな役が多かった。 今回はめっぽう明るい役をやってもらい、大幅なイメージチェンジをはかっている。

この若様が自分の出生の秘密も知らず、船宿・喜仙の居候であり船頭として生活。ただ持ち前の正義感から不正の匂いのする場所 に首を突っ込み、小吉やお紺とともに活躍。相手が商人であろうが老中であろうが、自由人の若さまには妙な縄張り意識もないので、 どこにでも無鉄砲に飛び込んで行ってしまう。独楽師だった祖父仕込みの独楽という武器を持ち、めっぽう強い。

そんな若さまをいつも見守っているのが北町奉行の矢部駿河守。自分の部下よりも頭も切れ、腕も立つのを知っている。若さまが 十一代将軍の御落胤であることを知る唯一の男である。
スタッフ・キャスト松
< 原 作 > 城 昌幸
< 脚 本 > 石森史郎・土橋成男 ほか
< 監 督 > 河野寿一・松尾正武 ほか

< 配 役 >
若さま    ・・・ 田村正和
矢部駿河守  ・・・ 中村梅之助
喜平     ・・・ 伊藤雄之助
おふじ    ・・・ 市原悦子
遠州屋小吉  ・・・ 松山省二
櫛まきお紺  ・・・ ジャネット八田
神田左京   ・・・ 嵐 圭史
佐々木俊蔵  ・・・ 瀬川新蔵
お糸     ・・・ 佐藤万理