TOKYO MXトップ > バラエティ > ダイドードリンコスペシャル 大都市に水柱出現!?絶やせぬ下町魂!街をつくる五十三の神輿~深川八幡祭り~ > 制作担当者からのメッセージ
ダイドードリンコスペシャル 大都市に水柱出現!?絶やせぬ下町魂!街をつくる五十三の神輿~深川八幡祭り~ 2017年9月17日(日)午後5時~5時55分

制作担当者からのメッセージ

番組プロデューサー 大崎雅之

番組プロデューサー 大崎雅之
下町風情が残る深川も街の変革を迎えています。江戸時代は漁師町だった深川は埋め立てが進み、八幡宮の氏子が住む地域が広がる一方で、造船所があった場所には超大型ショッピングモールに、その周りを40階以上のタワーマンションが幾棟も立ち、さらにはオリンピックの競技施設の建設も進んでいます。この地域での課題は、紛れもなく「古くからの住民と新たな住民の繋がり」。3年に一度、街が一体となる深川八幡祭りで新たな「繋がり」を構築できるのか。1年間の取材を通して、新しい街の形を見出したいと思っています。

番組ディレクター 熊田明弘

番組ディレクター 熊田明弘
富岡八幡宮例大祭。390年の歴史をもつ祭りは、とにかくスケールが大きい祭りだ。
だが、なぜこれだけ多くの人がこの祭りに熱狂するのか?水を浴びた巨大神輿は、重さだけで約1トン。なぜ皆、我こそはと担ぎたがるのか?
1年に及ぶ取材で見えてきたのは、深川らしい義理人情の風景。親子三世代、祭り中心に生きる家族には今年新たな命が誕生、ますます祭りに熱中していく。初めて先頭で神輿を練り歩くことになった町会では、若者たちが年寄り株からの重圧に苦しむ。そして、マンション族が集う豊洲では、伝統を学び受け継ごうとする睦たちの姿が。人間関係が希薄になったと言われる大都会東京で、今も祭りを通して人々が結ばれていく過程を是非みてもらいたい。10台のカメラを投入。空撮のカメラが捉えた映像は圧巻である。

ただ今、放送中の番組

オススメ番組