過去の放送:アーカイブ

# 63小ロット受注により品質と信頼を勝ち取る有限会社 小堀加工所

放 送:2015年08月16日 18:15~18:30
再放送:2015年09月20日 18:15~18:30

今回はプラスチックやガラスなど容器への立体印刷を専門に取り扱う、有限会社小堀加工所をご紹介。
1968年、父・雄弘さんによって創業。当時は大企業からの大ロット注文のみを受け付けていたが、バブル崩壊後、仕事の依頼は激減。
さらに、得意先から不渡り手形を掴まされてしまう。
1996年、2代目代表に就任した泰克さんが注目したのは小ロット受注。
大量生産を目的とすると、どうしても印刷の品質が低下してしまう。
そこで一つ一つ手作業で印刷を行い、品質をモットーとする事で顧客への信頼を掴む事に成功した。
小ロット受注により品質と信頼を勝ち取る小堀加工所の底ヂカラとは?
次へ前へ
トップへアーカイブへ