BBCハード・トーク

[MX2]毎週月~金曜日 6:30~7:00


ハード・トークは、政治的指導者からエンターテイナー、企業の経営責任者から話題となった一般の人まで、多彩なゲストを迎えてお送りするインタビュー番組。

放送開始以来、国際舞台の実力者たちを迎えるなどユニークなインタビューの機会を何度も得ており、その中には、東ティモールからイラク、ロシアからハリウッドまで、世界中の政財界のリーダーたちのインタビューも含まれている。緻密なリサーチと徹底的な調査の上に構成された30分間は、司会を務めるスティーヴン・サッカーによる、突っ込んだ質問でニュースの裏側に迫る。


2017.1.18
テオ・パドノス(2012年から2014年にシリアで人質となったアメリカ人ジャーナリスト)
1月18日(水)放送分
今日のゲストはアメリカ人ジャーナリストであるテオ・パドノス氏。2012年10月から2014年8月までシリアにおいてアルカイダ系の過激派ヌスラ戦線の人質となった。自分が殺されるのか、助かるのかもわからず暴行を受ける日々だった。しかしこれは自らの招いた災難だったのだろうか。拘束中に最もつらかったのは、人質となった責任の大半は自分にあると悟った時だったという。
Theo Padnos
HARDtalk’s Zeinab Badawi speaks to American journalist Theo Padnos. From October 2012 to August 2014 he was held hostage in Syria by the Nusra Front, which is allied to Al Qaeda. He was beaten, abused - not knowing from day to day whether he would be shot or spared by his captors. But was he the victim of his own actions: he says the most bitter moment of his captivity was the realisation that it was he himself who was mostly responsible for his ordeal.

2017.1.18

テオ・パドノス(2012年から2014年にシリアで人質となったアメリカ人ジャーナリスト)

1月18日(水)放送分
今日のゲストはアメリカ人ジャーナリストであるテオ・パドノス氏。2012年10月から2014年8月までシリアにおいてアルカイダ系の過激派ヌスラ戦線の人質となった。自分が殺されるのか、助かるのかもわからず暴行を受ける日々だった。しかしこれは自らの招いた災難だったのだろうか。拘束中に最もつらかったのは、人質となった責任の大半は自分にあると悟った時だったという。

Theo Padnos

HARDtalk’s Zeinab Badawi speaks to American journalist Theo Padnos. From October 2012 to August 2014 he was held hostage in Syria by the Nusra Front, which is allied to Al Qaeda. He was beaten, abused - not knowing from day to day whether he would be shot or spared by his captors. But was he the victim of his own actions: he says the most bitter moment of his captivity was the realisation that it was he himself who was mostly responsible for his ordeal.


2017.1.13

アンジェリーナ・テニィ(スーダン人民解放運動・反体制派)

1月13日(金)、16日(月)、17日(火)放送分
今日のゲストはスーダン人民解放運動・反体制派のアンジェリーナ・テニィ氏。南スーダンの人々は数十年に渡り平和を知らず、2011年の独立も内戦と悪化する貧困、飢餓、苦しみを招いただけだった。国連によると、現在の紛争では、民族浄化が進行し、大虐殺にまで発展する恐れがあるという。主な反政府勢力を率いるリヤク・マシャール元第一副大統領は国外に亡命し、妻のテニィ氏が現在、幹部となっている。国民の苦しみに対し、彼らにはどれだけの責任があるのか?

Angelina Teny

HARDtalk’s Zeinab Badawi speaks to, Angelina Teny, from the Sudan People’s Liberation Movement In-Opposition. The people of South Sudan have known little peace for many decades and independence in 2011 has brought them nothing but war, increasing poverty, starvation and suffering. The UN says the current spate of fighting amounts to ethnic cleansing and could spiral into genocide. The main rebel group is headed by former Vice-President Riek Machar, who is now in exile. His wife Angelina Teny is a senior member of the movement. How much responsibility do they bear for the suffering?


2017.1.12

ヤン・キジルハン(心理学者・ドイツ在住クルド系ヤジディ教徒)

1月12日(木)放送分
今回のゲストは、心理学者のヤン・キジルハン氏。ドイツ在住のクルド系ヤジディ教徒のキジルハン氏は、千人以上のヤジディ教徒の女性が、イラクのキャンプからドイツに移住し新生活を始める支援をしてきた。イスラム過激派組織イスラム国は、シリアとイラクで押されているとはいえ、今でもイスラム国による残虐行為の話が浮上する。大半がイラク北部に住むヤジディ教徒は、最も迫害を受けている少数派のグループの1つで、殺害されたり、イスラム教に強制的に改宗させられたり、女性や少女が性の奴隷として拘束されたりしている。移住させるべきかどうかはどう判断するのか。

Jan Kizilhan

HARDtalk’s Zeinab Badawi speaks to psychologist, Jan Kizilhan, a Yazidi Kurd living in Germany who has helped bring over a thousand Yazidi females from camps in Iraq to Germany to start a new life. The so-called Islamic State may be coming under pressure in both Syria and Iraq but still accounts emerge of atrocities carried out by them. The minority Yazidi community has been amongst one of the most persecuted groups of people: living mostly in northern Iraq, they have been killed, forced to convert to Islam and the women and girls have been held in sexual slavery. How does he decide who should stay and who should go?




© BBC World News