「この世界は間違っている―」

僕は小説の主人公でも何でもない…
だけど…
もし仮に僕を主役にひとつ作品を書くとすれば…
それは きっと…“悲劇”だ

人を喰らう怪人"喰種(グール)"が跋扈する東京。
日常に隠れて生きる、正体が謎に包まれた"喰種"の脅威に、
人々は恐れを感じ始めていた。
読書好きの平凡な大学生・カネキは、通い詰める喫茶店「あんていく」にて、自分の好きな作家・高槻泉の小説を愛読する少女・リゼと出会う。

それが自分の運命を大きく変えることになるとは知らずに…。

人間の命を奪い、喰い生き永らえる怪人の存在に疑問と葛藤を抱きつつ、あるべき世界のあり方を模索する青年の未来は――!?

期待の新鋭が描くダークファンタジー、待望のアニメ化!