日時
2016年11月16日(水)17:30~20:00(予定)
会場
羽田空港国際ターミナル4F江戸舞台(東京都大田区羽田空港)
出演
稲垣潤一、岡本真夜、青山テルマ
募集期間
11月2日(水)14:00 ~ 11月10日(木)23:59
募集要項
  • ・応募は同伴者様を含め、18歳以上の方に限ります(高校生不可)。
  • ・集合時間に間に合わない方、イベント終了まで残れない方の参加はできません。
  • ・当選の方にのみ、11月11日(金)にメールでご連絡いたします。
  • ・メール1通につき1組2名様ご招待。2名にてお越しください。
    ※お座席の用意はございません。イベント中は立ち見となります。
注意事項
  • ・場内での写真撮影、録音、録画は固くお断りいたします。
個人情報
  • ・ご提供いただいた個人情報は、この募集に関してのみ使用いたします。
  • ・観覧者の皆様も番組・HP等で放送・掲載されることがあります。
     あらかじめご了承ください。

トーク&ライブ出演者プロフィール

稲垣潤一

稲垣潤一 誕生日:1953年7月9日
出身地:宮城県 仙台市

中学時代から本格的なバンド活動を始める。
高校卒業後、ライブハウス、ディスコ、米軍キャンプなど様々な場所でライブ活動をする中、ドラムを叩きながらのボーカルというスタイルで注目を浴び、1982年「雨のリグレット」でデビュー。「ドラマティック・レイン」(1983)や「夏のクラクション」(1983)、「クリスマスキャロルの頃には」(1992) 他。
2014年、ハコバン時代を再現した「稲垣潤一・叩き語りハコバン70’Sライブ」を行う。
2015年9月、ニューアルバム『男と女5』・書籍、自伝的小説第二弾『かだっぱり』同時発売。

1983年 日本レコード大賞 ベストアルバム賞「SHYLIGHTS」
1986年 日本レコード大賞 ベストアルバム賞「REALISTIC」
1987年 TBS日本作曲大賞 大賞受賞「思い出のビーチクラブ」
1993年 日本ゴールドディスク大賞「クリスマスキャロルの頃には」
2009年 日本レコード大賞 企画賞受賞 「男と女」・「男と女2」
2011年 第1回東北グッドエイジャー賞
2013年 講談社より「ハコバン70’s」を出版

Twitter: Official Staff@JI_hotclub
稲垣潤一オフィシャルサイト: http://www.j-inagaki.com/

岡本真夜

岡本真夜 誕生日:1974年1月9日
血液型:AB型
出身地:高知県

1995年にデビューシングル「TOMORROW」で、200万枚のセールスを記録。 3rdシングル「Alone」は初のバラードとしてロングセラーに。 以降、「そのままの君でいて」「サヨナラ」「ハピハピバースディ」「アララの呪文」などCMソング ・アニメ・ドラマ・映画の主題歌など次々にヒット曲を輩出。 一方で、広末涼子、中山美穂、島崎和歌子、相川七瀬、岩崎宏美など、楽曲提供も多数手がけており、コンポーザーとしても活躍している。
2012年3月には、自身のデビュー曲「TOMORROW」を再録音し、東日本大 震災の復興のためにとALBUM「Tomorrow」を発表。
2015年8月デビュー20年周年を記念して「岡本真夜20th anniversary ALL TIME BEST~みんなの頑張るを応援する~」を発売。
2016年3月2日mayoとして念願のピアニストデビュー。
今後はシンガーソングライター岡本真夜とピアニストmayoとして活動を展開。

≪WEBサイト≫
オフィシャルサイト: http://www.mayo-okamoto.com/
公式ブログ: http://ameblo.jp/mayo-okamoto/

青山テルマ

青山テルマ 誕生日:1987年10月27日
血液型:B型
出身地:奈良県

トリニダード・トバゴ人と日本人のクォーター3歳の頃にジャネット・ジャクソン「リズムネイション」のPVに興味を示しテープが伸びきってしまうまで観続けたという。
10歳の頃から歌う事の楽しさに目覚めゴスペルを習い始める。小学校6年生までインターナショナルスクールで過ごしたのち、家族と共にLAへ移住。

2002年夏、日本に一時帰国した際に音楽関係者から声をかけられた事を機に日本でのメジャーデビューを夢見る。その年の冬には拠点を東京へと移し、インターナショナルハイスクール(調布)に通いながらヴォイストレーニングを強化。2007年9月5日にシングル「ONE WAY」でメジャーデビューを果たす。
キュートな容姿を備えつつ、鮮明かつパワフル、そして感情豊かな歌声を絶妙にコントロールする。実力派シンガーである。また、ファッションや写真、アートと多趣味であり、そのセンスは同年代の女性から支持されている。

2012年には、自身が編集長を務める、音楽・カルチャー・ファッションを題材としたフリーペーパー『DREAM PAPER』をリリースした。