ストーリー

 バスケ好きの高校生・長谷川昴は七芝高校バスケ部に入部するが、ある事件で原因で、 入部早々に1年間の部活動停止の憂き目に遭ってしまう。行き場をなくし日々所在なく過 ごしていた昴だったが、小学校で教師をしている叔母の強引な誘いから、彼女の教え子で ある慧心学園女子バスケットボール部の臨時コーチを引き受けことになった。

当初は女子小学生たちが相手の慣れぬ環境に戸惑う昴だったが、やがて女子バスケ部が体育館の使用権を 巡って同校の男子バスケ部との間にトラブルを抱え、部の存続を賭けた試合を控えていることを知る。湊 智花をはじめとする女子バスケ部員の過去の事情と、彼女らのバスケに対する想いに真正面から向き合った ことで、昴自身もバスケに対する情熱を取り戻し、それぞれの想いを守るために積極的に活動を進めていく。

今回の物語は慧心学園女子バスケットボール部が初の練習試合を経て、新たな目標に向かって練習をスター トしたある日から始まる――。