西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2017年5月27日放送
危機における平衡感覚を歴史・伝統に求めるのが保守の神髄

放送内容

危機におけるバランス感覚を歴史・伝統に求める真正保守思想のエッセンスをあらためて考える。歴史感覚乏しき実験国家であるアメリカは左翼であり、理想主義に基づく国づくりはグローバリズム崩壊という形で世界を象徴すように現れた。いわゆる親米保守とは革新保守といった意味不明なもので、思想的な混乱の要因のひとつである。敗戦による占領政策によって戦後日本は国家観を見失い、保守の原点的な家族を崩壊させて来た。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
隔月刊誌┃表現者┃偶数月発売┃
━━━━┛━━━┛━━━━━┛
◆表現者7月号の特集は「テクノマネーマニアックの時代に-反乱は可能か」◆ 
 MXエンターテインメント(株)より6月16日発売!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
Amazonにて「西部邁ゼミナール」DVD発売中
〔ゴマブックス × MXエンターテインメント〕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
http://amzn.to/2osJf2t 【Guest伊藤貫】
現代アメリカ―近代主義のモンスターなのか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゲスト紹介

脇雅史 前自由民主党参議院議員
前自由民主党参議院議員

1945〔昭和20年〕東京都生まれ、東京大学工学部卒業。
参議院自民党幹事長 国会対策委員長 政治倫理審査会会長
国土交通委員会委 国土強靭化総合調査会副会長 などを歴任
木村三浩 一水会代表
木村三浩 一水会代表
きむらみつひろ
 昭和31年〔1956年〕東京都文京区生まれ、
 
 慶應義塾大学法学部政治学科卒業。

【著書】スゴイぞ! プーチン 一日も早く日露平和条約の締結を! 〔鹿砦社〕

【編著】自由なフランスを取りもどす 愛国主義か、グローバリズムか【著】マリーヌ・ルペン
【編集】木村三浩〔花伝社〕
今村有希 女優〔西部邁ゼミナール助手〕
【お知らせ】 激弾BKYU公演

『カンプラチンキ!~痛いところにつけるクスリ~』
 2017年6月21日(水)~25日(日)下北沢駅前劇場にて。
 お問い合わせ
 http://www.bkyu.com

10歳の時にミヤコ蝶々さんの子役で初舞台。
青年座研究所卒業後、「激弾BKYU」に所属。
 【ドラマ】
  2016年「フラジャイル」(CX)「相棒14」(EX)
  2015年「レッドクロス~女たちの赤紙~」(TBS)
 【映画】
  2017年「春待ちかぼちゃ」 脚本:水元久美子/監督:五藤利弘
     「中年よ、神話になーれ!」 監督:頃安祐良
  2013年「チチを撮りに」 脚本・監督:中野量太
  2010年「死刑台のエレベーター」 監督:緒方明
 【CM】
  全労済 住まいる共済「声に応えるピットくん」篇 
  アルバイトEX「王様の初バイト」篇
  キリン のどごし<生>10連覇篇
  HotPepperBeauty「戦う女子篇」
  武蔵野銀行「ウソ発見器」篇
  KDDIauともコミ学割「飛雄馬スマホを買う」篇
  JINROマッコリ「マッコリじぃと女子会」篇 ほか多数 

良著のすすめ

表現者 2017年 07月号 [雑誌]
表現者7月〔73〕号 【特集】「テクノマネーマニアックの時代に-反乱は可能か」6月16日発売
「ウルトラモダンが創る人と世の臨界状態」をテーマした座談会、「ナショナリズムの台頭-マリーヌ・ルペンをめぐって」を掲載。
自由なフランスを取りもどす 愛国主義か、グローバリズムか [ マリーヌ・ルペン ]
自由なフランスを取りもどす 愛国主義か、 グローバリズムか〔花伝社〕木村三浩
マリーヌ・ルペン氏と面会した木村三浩氏が編集!文明の選択―三つの革命とは何か?
表現者 2017年5月号
表現者 2017年 05月号 [雑誌]
表現者 2017年5月号 「世界破壊に乗り出した米中露」 4月15日発売 MXエンターテインメント(株) 
特集座談会は、「ザ・ワールド―救済せんとして破壊するのか」黒鉄ヒロシ×澤村修治×柴山桂太×西部邁×富岡幸一郎
【タグ】 政治  経済  社会  文化  歴史  教育  国家  戦争   
西部邁ゼミナール TOP