西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2017年4月29日放送
危機crisisを招きよせる技術・情報社会

放送内容

マスmass社会では単純で分かりやすい模型modelが大量に流行modeする。将来を危機に晒すイノヴェーションという技術や情報の革新によって機械に仕事を奪われ雇用が減り、世界のあちこちで労働者たちの不満が高まっている。明日何が起きるかも分からない時代に入り、大きく問われているのは日本の国民に培われてきた良識である。歴史を顧みることで少し落ち着いて物事を感じ考えてみる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
隔月刊誌┃表現者┃偶数月発売┃
━━━━┛━━━┛━━━━━┛
◆2017年5月号の特集は「世界破壊に乗り出した米中露」◆ 
 MXエンターテインメント(株)より好評発売中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
http://s.mxtv.jp/nishibe/hyogensha.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ]
Amazonにて「西部邁ゼミナール」DVD発売中
〔ゴマブックス×MXエンターテインメント〕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
http://amzn.to/2osJf2t
現代アメリカ―近代主義のモンスターなのか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゲスト紹介

柴山桂太
柴山桂太
しばやまけいた
京都大学大学院人間・環境学研究科准教授。
雑誌「表現者」編集委員。 

1974〔昭和49年〕東京生まれ。京都大学経済学部卒業、
京都大学院人間・環境学研究科博士課程単位取得。
現代社会論・思想史専攻。 

【著書】『静かなる大恐慌』〔集英社新書〕 『現代社会論のキーワ
ード-冷戦後世界を読み解く』佐伯啓思・柴山桂太編〔ナカニシヤ出版〕 『グローバル恐慌の真相』〔集英社〕 『危機の思想』『「文明」の宿命』〔NTT出版〕ほか。
佐伯啓思
佐伯啓思
さえきけいし
1949〔昭和24年〕奈良市生まれ、東京大学経済学部卒、
東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得。
京都大学大学院人間・環境学研究科教授を歴任、現在、京都大学名誉教授。

【著書】『隠された思考』〔筑摩書房・サントリー学芸賞〕 『「アメリカニズム」の終焉』〔TBSブリタニカ・東畑記念賞〕 『現代日本のリベラリズム』〔講談社・読売論壇賞〕 『倫理としてのナショナリズム』 『学問の力』 『日本の愛国心―序説的考察』〔NTT出版〕 『自由と民主主義をもうやめる』〔幻冬舎新書〕 『日本という「価値」』『大転換―脱成長社会へ』〔NTT出版〕 『現代文明論講義』〔ちくま新書〕 『反・幸福論 』〔新潮新書〕
経済学の犯罪 稀少性の経済から過剰性の経済へ〔講談社現代新書〕 文明的野蛮の時代〔NTT出版〕 日本の宿命〔新潮新書〕ほか多数。

良著のすすめ

表現者 2017年5月号
表現者 2017年 05月号 [雑誌]
表現者 2017年5月号 「世界破壊に乗り出した米中露」 4月15日発売 MXエンターテインメント(株) 
特集座談会は、「ザ・ワールド―救済せんとして破壊するのか」黒鉄ヒロシ×澤村修治×柴山桂太×西部邁×富岡幸一郎
反・民主主義論 (新潮新書) [ 佐伯 啓思 ]
反・民主主義論 〔新潮新書〕 ¥799 【著】佐伯啓思
民主主義を信じるほど、不幸になっていく。
この社会を蝕む元凶に鋭く迫る。
表現者 2017年3月号[雑誌]
表現者 2017年3月号 「国民主義なくして国際社会もない」 好評発売中
座談会「国民主義の復権とグローバリズムの終焉」
【タグ】 政治  経済  社会  文化  歴史  教育  国家  戦争   
西部邁ゼミナール TOP