西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2017年4月15日放送
 「demagogyデマゴギーによって動かされるmass societyマス社会」

放送内容

EUからの英国の離脱にみられるヨーロッパ共同体の崩壊、グローバル資本主義による甚大な格差や、外交・軍事・政治・社会への不安と不満が爆発し、自由と平等を掲げたアメリカに世界を象徴するように現れたトランプ現象!なぜ?トランプ大統領が生まれたのか、その土壌を考えなければ、はじまらない。
「アメリカは現代最初の大衆社会mass society」と1835年に警鐘を鳴らしてきたフランスのトクヴィル。ローマ帝政期から「民主主義」は、名誉欲、金権、民衆支配の政治、独裁者の誕生とへと堕落する歴史の必然と言われてきた。デマゴギー=民衆煽動、マス=思慮無く流行に飛びつく人々・・・そもそも「民主主義」「マス社会」とは何か、その原義へと立ち返ることで、知識人、マスコミといったエリートの言葉が届かない現代を考える。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
隔月刊誌┃表現者┃偶数月発売┃
━━━━┛━━━┛━━━━━┛
◆2017年5月号の特集は「世界破壊に乗り出した米中露」◆ 
 MXエンターテインメント(株)より好評発売中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
http://s.mxtv.jp/nishibe/hyogensha.php

ゲスト紹介

佐伯啓思
佐伯啓思
さえきけいし
1949〔昭和24年〕奈良市生まれ、東京大学経済学部卒、
東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得。
京都大学大学院人間・環境学研究科教授を歴任、現在、京都大学名誉教授。

【著書】『隠された思考』〔筑摩書房・サントリー学芸賞〕 『「アメリカニズム」の終焉』〔TBSブリタニカ・東畑記念賞〕 『現代日本のリベラリズム』〔講談社・読売論壇賞〕 『倫理としてのナショナリズム』 『学問の力』 『日本の愛国心―序説的考察』〔NTT出版〕 『自由と民主主義をもうやめる』〔幻冬舎新書〕 『日本という「価値」』『大転換―脱成長社会へ』〔NTT出版〕 『現代文明論講義』〔ちくま新書〕 『反・幸福論 』〔新潮新書〕
経済学の犯罪 稀少性の経済から過剰性の経済へ〔講談社現代新書〕 文明的野蛮の時代〔NTT出版〕 日本の宿命〔新潮新書〕ほか多数。
柴山桂太
柴山桂太
しばやまけいた
京都大学大学院人間・環境学研究科准教授。
雑誌「表現者」編集委員。 

1974〔昭和49年〕東京生まれ。京都大学経済学部卒業、
京都大学院人間・環境学研究科博士課程単位取得。
現代社会論・思想史専攻。 

【著書】『静かなる大恐慌』〔集英社新書〕 『現代社会論のキーワ
ード-冷戦後世界を読み解く』佐伯啓思・柴山桂太編〔ナカニシヤ出版〕 『グローバル恐慌の真相』〔集英社〕 『危機の思想』『「文明」の宿命』〔NTT出版〕ほか。

良著のすすめ

表現者 2017年5月号
表現者 2017年 05月号 [雑誌]
表現者 2017年5月号 「世界破壊に乗り出した米中露」 4月15日発売 MXエンターテインメント(株) 
特集座談会は、「ザ・ワールド―救済せんとして破壊するのか」黒鉄ヒロシ×澤村修治×柴山桂太×西部邁×富岡幸一郎
表現者 2017年 01月号 [雑誌]
表現者 2017年1月号 「日本国の命運」 好評発売中 MXエンターテインメント(株) 
【特集】は「日本国の命運―立憲・核武装・保護主義・国民主権をめぐって」。佐高信×澤村修治×中島岳志×西部邁×富岡幸一郎

反・民主主義論 〔新潮新書〕 ¥799 【著】佐伯啓思
民主主義を信じるほど、不幸になっていく。
この社会を蝕む元凶に鋭く迫る。
【タグ】 政治  経済  社会  文化  歴史  教育  国家  戦争   
西部邁ゼミナール TOP