西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2017年3月11日放送
ヨーロッパ難民問題の現状

放送内容

 世界が混沌とした状況に陥る中で、世界で6,500万人に上るといわれる難民・移民問題をめぐるヨーロッパの実情と世界の歴史を顧みる。国民感情の複雑さ、複雑な心理を読み取らなければ容易に他国とは渡り合えない。第二次世界大戦で同じ敗戦国であるドイツと日本を大きく分けたものは何か。
 人々が嫌う「ナチ」「ファッシズム」とは、Nazi=「国民」sozialistische=「社会主義」であり、Fascio=「束ね」という意味である。「国民社会にまとまりを持たせる」と解釈できる元来、良き言葉である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
隔月刊誌┃表現者┃偶数月発売┃
━━━━┛━━━┛━━━━━┛
◆2017年3月号の特集は「国民主義なくして国際社会もない」◆ 
EUからのイギリスの離脱、トランプ大統領の誕生、
欧州における右派政党の台頭・・・
今大きく問われる日本の国家観、国際社会の秩序と安定をめぐり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
http://s.mxtv.jp/nishibe/hyogensha.php
MXエンターテインメントより好評発売中!
お求めの方は、お近くの書店へお問い合わせ下さい。

ゲスト紹介

クライン孝子
クライン孝子
くらいんたかこ
作家・評論家 〔ドイツ在住〕

1939年〔昭和14年〕満州生まれ。
岐阜市立女子短期大学・英文科卒業。
1968年〔昭和43年〕渡欧。チューリッヒ大学、フランクフルト大学でドイツ文学・近代西洋政経史を学ぶ。

【近著】敗戦国・日本とドイツ 戦後70年でなぜ差がついたのか〔祥伝社〕

良著のすすめ

表現者 2017年3月号[雑誌]
表現者 2017年3月号 「国民主義なくして国際社会もない」 好評発売中
座談会「国民主義の復権とグローバリズムの終焉」
敗戦国・日本とドイツ 戦後70年でなぜ差がついたのか
敗戦国・日本とドイツ 戦後70年でなぜ差がついたのか 祥伝社
日本が再び立ち上がるために
ドイツに学ぶべき教訓がここにある!
表現者 2017年 01月号 [雑誌]
表現者 2017年1月号 「日本国の命運」 好評発売中 MXエンターテインメント(株) 
【特集】は「日本国の命運―立憲・核武装・保護主義・国民主権をめぐって」。佐高信×澤村修治×中島岳志×西部邁×富岡幸一郎
【タグ】 政治  経済  社会  文化  歴史  教育  国家  戦争   
西部邁ゼミナール TOP