西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2016年12月24日放送
『歴史の暮れ方』 黒鉄ヒロシ × 佐高信 × 西部邁

放送内容

トランプ次期大統領の誕生を予測できなかったCNN、もはやテレヴィジョンも時代遅れなのか?世界的に広がる格差問題が象徴的に現れたトランプ現象、アメリカが内向きに舵を切る中で真の自主独立が問われる日本。EUからのイギリスの離脱、資本主義の暴走、民主主義の危うさの本質を問う「歴史の暮れ方」めぐり歴史漫画で定評のある黒鉄ヒロシ氏と歯に衣着せぬ物言いの佐高信氏が時代の転換期になりそうな平成二十八年を振り返る。

MXエンターテインメント株式会社より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
隔月刊誌┃表現者┃偶数月発売┃
━━━━┛━━━┛━━━━━┛
◆2017年1月号の特集は「日本国の命運」◆ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
http://s.mxtv.jp/nishibe/hyogensha.php
隔月刊誌「表現者」2017年1月号
MXエンターテインメントより好評発売中

ゲスト紹介

黒鉄ヒロシ 
黒鉄ヒロシ 
くろがねひろし
漫画家。昭和20年〔1945年〕高知県出身。
昭和43年〔1968年〕『山賊の唄が聞こえる』で漫画家としてデビュー、平成9年〔1997年〕『新選組』で文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞、第43回文藝春秋漫画賞を受賞、平成10年〔1998年〕『坂本龍馬』で第2回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で大賞。平成16年〔2004年〕紫綬褒章。

【著作】『もはや、これまで 経綸酔狂問答』(西部邁との共著)(PHP研究所)、『千思万考』『千思万考-天之巻』『千思万考-乱之巻』(幻冬舎) 「新・信長記」(PHP研究所) 『信長遊び』(リイド社) 『龍馬を斬る 誰が龍馬を殺したか』(小池書院) 『伊勢物語 (マンガ古典文学シリーズ)』(小学館) ほか多数。

隔月刊誌「表現者」の表紙作品を手がける。

【近著】刀譚剣記、珍刀譚変剣記(PHP研究所)ほか多数。
評論家、「週刊金曜日」編集委員。
昭和20年〔1945年〕山形県酒田市生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。
高校教師、経済雑誌の編集者を経て評論家に。
【著書】電力と国家(集英社新書)ベストセラー炎上[共著](平凡社)抵抗人名録: 私が選んだ100人(光文社)原発文化人50人斬り(毎日新聞社)
「逆命利君」(岩波現代文庫)「福沢諭吉伝説」(角川学芸出版)「西郷隆盛伝説」(角川文庫)「罪深き新自由主義」[共著]「日本の権力人脈」「思想放談」[共著「日本航空の正体」[共著]ほか。

「表現者2017年1月号」座談会「危機における主権、核、そして国家」に参加。
 
【近著】敵を知り己れを知らば―佐高信の気になる50人佐高信〔岩波書店〕ほか多数。

良著のすすめ

表現者 2017年 01月号 [雑誌]
表現者 2017年1月号 「日本国の命運」12月16日発売 MXエンターテインメント(株) 
【特集】は「日本国の命運―立憲・核武装・保護主義・国民主権をめぐって」。佐高信×澤村修治×中島岳志×西部邁×富岡幸一郎
珍刀譚変剣記 [ 黒鉄ヒロシ ]
珍刀譚変剣記(ちんとうたんへんけんき) 黒鉄ヒロシ〔PHP研究所〕¥1,512
教科書では描かれない歴史の裏側を、独特の切り口で紹介し続けてきた著者による、「日本刀」奇譚第二弾。
敵を知り己れを知らば [ 佐高信 ]
敵を知り己れを知らば―佐高信の気になる50人佐高信〔岩波書店〕¥1,944
佐高信の人物エッセイ50話。
【タグ】 政治  経済  社会  文化  歴史  教育  国家  戦争   
西部邁ゼミナール TOP