西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2016年11月26日放送
アメリカの国柄とはどんなものか 【3】米国の問題は、直ちに日本の国家として考えるべき問題である。

放送内容

 ギリシャ哲学の権威である田中美知太郎が言った「昔は人も時代も上等であった。」単純な模型modelが大量かつ刺激的に流行modeするモダニズムに対し、警戒を怠らなかった明治から昭和初期の日本人たち。アメリカ人自身が進歩を奉じているようでいて実のところは信じていない。19世紀のいわゆるアメリカンデモクラシーによって、思想的にも断ち切られてしまったヨーロッパの伝統とは何か・・・歴史感覚乏しきアメリカの国柄をみて直ちに日本人が考えるべきこと。

MXエンターテインメント株式会社より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
隔月刊誌┃「表現者」┃偶数月発売┃
━━━━┛ ━━━━┛ ━━━━┛
2017年1月号の特集は「日本国の命運」 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
隔月刊誌「表現者」2017年1月号
MXエンターテインメントより12月16日発売。
★【特集】は「日本国の命運―立憲・核武装・保護主義・国民主権をめぐって」。
佐高信×澤村修治×中島岳志×西部邁×富岡幸一郎
http://s.mxtv.jp/nishibe/

ゲスト紹介

佐伯啓思 京都大学名誉教授
1949(昭和24年)奈良市生まれ、東京大学経済学部卒、東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得。京都大学名誉教授。

【著書】『隠された思考』(筑摩書房・サントリー学芸賞) 『「アメリカニズム」の終焉』(TBSブリタニカ・東畑記念賞) 『現代日本のリベラリズム』(講談社・読売論壇賞) 『倫理としてのナショナリズム』 『学問の力』 『日本の愛国心―序説的考察』(NTT出版) 『自由と民主主義をもうやめる』(幻冬舎新書) 『日本という「価値」』『大転換―脱成長社会へ』(NTT出版) 『現代文明論講義』(ちくま新書) 『反・幸福論 』(新潮新書)
経済学の犯罪 稀少性の経済から過剰性の経済へ(講談社現代新書) 文明的野蛮の時代(NTT出版) 日本の宿命(新潮新書)ほか多数。

良著のすすめ

「アメリカニズム」の終焉 [ 佐伯啓思 ]
「アメリカニズム」の終焉 〔中公文庫〕 【著】佐伯啓思
反・民主主義論 [ 佐伯 啓思 ]
反・民主主義論 〔新潮新書〕 【著】佐伯啓思
民主主義を信じるほど、不幸になっていく。この社会を蝕む元凶に鋭く迫る。
表現者 2016年 11月号 [雑誌]
表現者 2016年11月号 「象徴天皇と日本の行方」10月17日発売 MXエンターテインメント(株) 
今上陛下による譲位の御意思を受けて、日本
の長き歴史における天皇制論を総浚いする。
【タグ】 政治  経済  社会  文化  歴史  教育  国家  戦争   
西部邁ゼミナール TOP