西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2016年10月1日放送
錆びついて剥げていく「日本の心」 【2】  世界の曲がり角で問われている日本のチカラ

放送内容

日本語の「平和主義者」は綺麗な言葉に感じられるが「pacifist」とは臆病者や卑怯者と言った批難に使われる。安保法制をめぐり日本がアメリカの侵略的な暴走に巻き込まれないためには、ベトナム・アフガン・イラク戦争を繰り返してきた近代を顧み、日本の長きにわたる歴史に培われてきた常識による真の国民輿論を高めること。今、世界が大きな曲がり角に差し掛かる中で、文化的なものを含めた日本のチカラが大きく問われている。

 MXエンターテインメント株式会社より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
隔月刊誌┃「表現者」┃偶数月発売┃
━━━━┛ ━━━━┛ ━━━━┛
 11月号の特集は「象徴天皇と日本の行方」 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
☆☆☆☆★隔月刊誌「表現者」2016年11月号10月17日(月)MXエンターテインメントより発売。★☆☆☆☆ 【特集】は「象徴天皇と日本の行方」。今上陛下が生前退位の強い御意向を示されたことをめぐって・・・

ゲスト紹介

中山恭子 参議院議員 日本のこころを大切にする党代表 
 1963(昭和38年)東京大学文学部仏文学科卒業
駐ウズベキスタン共和国・タジキスタン共和国特命大使、
内閣総理大臣補佐官、内閣官房参与を経て参議院議員に
内閣府特命、公文書管理担当、拉致問題担当大臣を歴任。

【著書】国想い 夢紡ぎ 文化のプラットホーム日本(万葉舎)ほか

良著のすすめ

ウズベキスタンの桜 [ 中山恭子 ]
ウズベキスタンの桜 中山恭子 KTC中央出版
キルギスの日本人拉致事件で人質救出に命がけで取り組んだ中山恭子大使と館員達の64日間。
表現者 2016年 09月号 [雑誌]
表現者 2016年9 月(68)号 MXエンターテインメント(株) 「アメリカその覇権と孤独」 好評発売中
アメリカは、覇権から孤立へと傾くのかその来歴と現在にわたりアメリカの本質を知る
【タグ】 政治  経済  社会  文化  歴史  教育  国家  戦争   
西部邁ゼミナール TOP