西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2016年9月3日放送
『平成の御代』となぞらえて顧みる  MX・表現者シンポジウム

放送内容

◆ 戦後的(アメリカ的)なるもの完成形が『平成の時代』
  右へ左へ大きく振られた急進的な『構造改革』『規制緩和』
  民衆に主権を与えるという単なる人気取りpopularism『「民主」主義』
  急激・過激なイノヴェーションによる『「資本」主義』

◆ 国柄を破壊するアメリカニズムの本質
  国柄を崩壊させたイラクの国家建設「NationBuilding」は
  GHQ(GeneralHeadQuarter)方式で進めるという
  歴史をぶった切るように合理的な設計書による社会実験主義!
  世界各国に普遍的に通じさせようとするAmericanDemocracy

◆ 全世界的に挫折している「資本」主義
  アメリカナイズされた構造改革、抜本改革という
  イノヴェーションにより資本が資本に集まり、
  独占化・寡占化が巨大化する一方で、国内の購買力が下がる。

ゲスト紹介

西部邁 評論家 隔月刊誌「表現者」顧問
1939年(昭和14年)北海道生まれ
1964年(昭和39年)東京大学経済学部卒業。
在学中、東大自治会委員長・全学連中央執行委員として
60年安保闘争に参加。
学生運動から離脱後、大学院にて近代経済学を研究し、
東京大学教授を歴任。

【著書】

 「経済倫理学序説」(吉野作造賞)
 「生まじめな戯れ」(サントリー学芸賞)
 「サンチョ・キホーテの旅」(2010年文化庁芸術選奨受賞)
 「中江兆民 百年の誤解」(時事通信社)
 「生と死、その非凡なる平凡」(新潮社)ほか多数
 

良著のすすめ

生と死、その非凡なる平凡 [ 西部邁 ]
生と死、その非凡なる平凡〔著〕西部邁(新潮社)¥2,052
深く憶いを致し、考えぬいて書き綴る
表現者 2016年 09月号 [雑誌]
表現者 2016年9 月(68)号 MXエンターテインメント(株) 「アメリカその覇権と孤独」 好評発売中
アメリカは、覇権から孤立へと傾くのかその来歴と現在にわたりアメリカの本質を知る
表現者 2016年 07月号 [雑誌]
表現者2016年7月(67)号 【特集】日本共産党とは何ものか 〔好評発売中〕
参議院議員選挙前に考えるべきこと
【タグ】 政治  経済  社会  文化  歴史  教育  国家  戦争   
西部邁ゼミナール TOP