西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2016年7月23日放送
【三週連続特別企画】 公共活動のほかに道はなし

放送内容

「経済」とは、世を治め民を救う経世済民のことである。
「構造改革、規制緩和で民間主体の活力に任せよ、小さな政府で財政出動は役立たず・・・」そろそろ、エコノミストや経済学者の嘘に騙されるな!先のG7伊勢志摩サミットの各首脳がまとめたインフラ投資への推進。
公共活動とは、マーケットの基盤、枠組みを安定させ、長期展望を安定化させる国家対策である。世界中で低金利、1,700兆円といわれる日本の個人金融資産がある中で、アベノミクス三本の矢の一本である財政出動へと、なぜ進まないのか、財源問題をはじめ、公共投資の時代に何を備えるべきか?
長期的な日本国家の在り方を考える三回連続の特別プログラム。

★★★MX・表現者シンポジウム8月20日(土)開催★★★
☆  四谷区民ホールにて開催。
◆◆◆◇◆◆◆◆◆ 宛 先 ◆◆◆◆◆◇◆◆◆
FAX 番号 03-5490-7576
〒157-0072 
世田谷区祖師谷3-17-22-303 西部邁事務所

ゲスト紹介

青木泰樹
青木泰樹
あおきやすき
東海大学非常勤講師・京都大学レジリエンス実践ユニット特任教授

1956(昭和31年)神奈川県生まれ
早稲田大学政治経済学部経済学科卒業
同大学大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学

【近著】 経済学者はなぜ嘘をつくのか 〔アスペクト〕

藤井聡
藤井聡
ふじいさとし
1968(昭和43年)奈良県生駒市生まれ、京都大学土木工学科卒。
京都大学大学院土木工学専攻修了後、京都大学助教授、東京工業大学助教授、教授などを経て、現在、京都大学大学院教授。

2003年土木学会論文賞、2006年「表現者」奨励賞、2007年文部科学大臣表彰・若手科学者賞、2009年日本社会心理学会奨励論文賞、2010年第6回日本学術振興会賞等を受賞。

【著書】「維新・改革の正体―日本をダメにした真犯人を捜せ」 (産経新聞出版) 「救国のレジリエンス『列島強靱化』でGDP900兆円の日本が生まれる」(講談社) 「公共事業が日本を救う」(文春新書)「なぜ正直者は得をするのか」(幻冬舎新書) 「社会的ジレンマの処方箋-都市・交通・環境問題のための心理学」(ナカニシヤ出版) 「土木計画学」(学芸出版社)ほか。

【近著】「スーパー新幹線」が日本を救う(文春新書)

良著のすすめ

表現者 2016年 07月号 [雑誌]
表現者2016年7月(67)号 【特集】日本共産党とは何ものか 〔好評発売中〕
参議院議員選挙前に考えるべきこと
表現者 2016年 05月号 [雑誌]
表現者2016年5月(66)号 「保守思想による非常事態条項の提言」 好評発売中!
時代も人生も常に非常事態と隣り合わせである。人間の死に方(生き方)と国家の在り方を考える時にある。
国土学 [ 大石久和 ]
国土学―国民国家の現象学 〔叢書 新文明学4〕 【著】大石久和 藤井聡
多発する自然災害や急激な気候変動のもとで、私たちはいかにこの国土とともに生きてゆけばいいのか
【タグ】 政治  経済  社会  文化  歴史  教育  国家  戦争   
西部邁ゼミナール TOP