西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2016年7月16日放送
【特別企画】 参院選―あれは一体何だったのか

放送内容

2016年7月10日投開票の参議院議員選挙の結果から、
与野党の争点「改憲」「日米同盟」と平成日本の在り方を顧みながら、問題の本質について考える。
世界に広がるテロ、イギリスのEU離脱、アメリカの大統領選挙にみる帝国の大混乱・・・
世界の動乱がはじまっているといって過言で無い現代において、今、日本人がもっとも大事にすべきことは何か?
西部邁ゼミナール長の特別講義によるメッセージ!
★★★MX・表現者シンポジウム8月20日(土)開催★★★
☆  四谷区民ホールにて開催。
☆☆ 第1部「護憲の妄論を排して改憲の道筋を明らかにせよ」
☆☆☆第2部「安倍・プーチン会談を受けて米中ロ外交をいかに展開させるか」。
◆◆◆◇◆◆◆◆◆ 宛 先 ◆◆◆◆◆◇◆◆◆
FAX 番号 03-5490-7576
〒157-0072 
世田谷区祖師谷3-17-22-303 西部邁事務所

☆☆☆価値ある物事の考え方を世に広める☆☆☆
「西部邁ゼミナール」http://s.mxtv.jp/nishibe/
☆☆☆テレヴィジョンTOKYOMXの大冒険!!☆☆☆

ゲスト紹介

西部邁 評論家 隔月刊誌「表現者」顧問
1939年(昭和14年)北海道生まれ
1964年(昭和39年)東京大学経済学部卒業。在学中、
東大自治会委員長・全学連中央執行委員として60年安保闘争に参加。学生運動から離脱後、
大学院にて近代経済学を研究し、東京大学教授を歴任。

【著書】
 「経済倫理学序説」(吉野作造賞)
 「生まじめな戯れ」(サントリー学芸賞)
 「サンチョ・キホーテの旅」(2010年文化庁芸術選奨受賞)
 「中江兆民 百年の誤解」(時事通信社)
 「生と死、その非凡なる平凡」(新潮社)ほか多数 
今村有希 女優 西部邁ゼミナール助手
兵庫県尼崎市出身。 2001年より激弾BKYUに所属
TVドラマ 「レッドクロス~女たちの赤紙~」「相棒」「フラジャイル」に出演しCMなどでも活躍中。

10歳の時にミヤコ蝶々さんの子役で初舞台。青年座研究所卒業後、「激弾BKYU」に所属。
2001年の「ウソツカレ」より参加、以後、年2本のペースで公演を行っている。 
2008年、代表作「グレイッシュとモモ」で全国3都市の地方公演を行い、各地とも満員御礼で話題に。

<舞台>
2014年 劇団印象-indian elephant-「グローバル・ベイビー・ファクトリー~Global Baby Factory~」作・演出:鈴木アツト
2011年 ジェットラグプロデュース「インスパイア」「箱娘」作・演出:根本宗子(月刊「根本宗子」)「死ぬまで生きる!」作・演出:本田誠人(ペテカン)
<映画>
2014年 「ぼくたちの家族」 監督・脚本:石井裕也
2013年 「チチを撮りに」 脚本・監督:中野量太
2011年 「モテキ」 監督:大根仁
2010年 「死刑台のエレベーター」 監督:緒方明
2009年 「のんちゃんのり弁」 監督:緒方明

【ブログ】From Yuki 
http://blog.livedoor.jp/bkyu_imamura/

良著のすすめ

表現者 2016年 07月号 [雑誌]
表現者2016年7月(67)号 【特集】日本共産党とは何ものか 〔好評発売中〕
参議院議員選挙前に考えるべきこと
表現者 2016年 05月号 [雑誌]
表現者2016年5月(66)号 「保守思想による非常事態条項の提言」 好評発売中!
時代も人生も常に非常事態と隣り合わせである。人間の死に方(生き方)と国家の在り方を考える時にある。
【タグ】 政治  経済  社会  文化  歴史  教育  国家  戦争   
西部邁ゼミナール TOP