西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2016年7月3日放送
「失われゆく故郷」 青山恵子日本の歌教室

放送内容

戦争が進み、戦争が終わり、その流れの中で歌われていた曲から歴史を学ぶ!
遠き故郷を想い、慰問用として外地(戦地)に送られて人気を博し、
内地(日本)へ逆輸入されて大ヒットした歌。
母と子のふたりで父の帰りを待つ「里の秋」の原曲「星月夜」は、
将来はボクも国を護りますという歌詞が認められていた。

「里の秋」を聴く度にボロボロと涙を流した母親の実話・・・。

メゾソプラノ歌手・青山恵子日本の歌教室〔その第15回目〕

「誰か故郷を想わざる」
「白い花が咲く頃」
「里の秋」

ゲスト紹介

青山恵子 声楽家 メゾソプラノ
島根県出雲市出身 
東京藝術大学声楽科卒業 

日本歌曲の歌唱法の研究で博士号取得、
日本歌曲はもとより邦楽器伴奏の作品、
モノオペラなどに取り組み、
その声と日本語の美しさには定評を得ている。

長谷川幹人 エレクトーン演奏家
エレクトーン演奏家
北海道函館市出身

様ざまな楽器との共演、オペラや合唱曲、
ミュージカルからポップス、昭和歌謡まで
幅広い分野にわたるアーティストとの
コラボレーションでも好評を博している。

良著のすすめ

表現者 2016年 07月号 [雑誌]
表現者2016年7月(67)号 【特集】日本共産党とは何ものか 〔好評発売中〕
参議院議員選挙前に考えるべきこと
表現者 2016年 05月号 [雑誌]
表現者2016年5月(66)号 「保守思想による非常事態条項の提言」 好評発売中!
時代も人生も常に非常事態と隣り合わせである。人間の死に方(生き方)と国家の在り方を考える時にある。
【タグ】 政治  経済  社会  文化  歴史  教育  国家  戦争   
西部邁ゼミナール TOP