西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2016年5月28日放送
青山恵子日本の歌教室【14】 「うみ(港・海・湖)の唄」

放送内容

日本語の発音の細部までにこだわり、その歌声の美しさに
定評のあるメゾソプラノの青山恵子日本の歌教室。
テーマは、港・海・湖からなる「うみの唄」。
島の暮らしの寂しさ漂う歌 「波浮の港」、
12人が亡くなった海難事故の哀歌 「真白き富士の嶺」、
寮歌としても親しまれてきた 「琵琶湖周航の歌」について、
曲の成り立ちや、その時代背景までを語った後、
独自のアレンジで好評を博すエレクトーン演奏家の
長谷川幹人さんが伴奏し歌を披露。

【出 演】
 西部邁 〔評論家・隔月刊誌「表現者」顧問〕
 今村有希〔女優〕

ゲスト紹介

青山恵子 声楽家メゾソプラノ
島根県出雲市出身 
東京藝術大学声楽科卒業

日本歌曲の歌唱法の研究で博士号取得、日本歌曲はもとより邦楽器伴奏の作品、
モノオペラなどに取り組み、その声と日本語の美しさには定評を得ている。 

青山音楽事務所 ホームページ
http://www.saturn.dti.ne.jp/~machida/


◎6月9日(木)19時 ヤマハ銀座コンサートサロン
Haruhi +うたシリーズNo.1 日本歌曲をあなたへ 和の心~つなぐ心
問:3572-3132ヤマハ銀座店5Fピアノ売り場

◎7月19日(火)14時 四谷区民ホール
日本流行歌(はやりうた)シリーズ その7 昭和28~30
問:048-254-8546堀野音楽工房

上記イベント等へ出演【2016年5月18日現在】
長谷川幹人 エレクトーン演奏家
北海道函館市出身。

様ざまな楽器との共演、オペラや合唱曲、
ミュージカルからポップス、昭和歌謡まで
幅広い分野にわたるアーティストとの
コラボレーションでも好評を博している。

良著のすすめ

表現者 2016年 05月号 [雑誌]
表現者2016年5月(66)号 「保守思想による非常事態条項の提言」 好評発売中!
時代も人生も常に非常事態と隣り合わせである。人間の死に方(生き方)と国家の在り方を考える時にある。
表現者 2016年 03月号 [雑誌]
表現者2016年3月(65号) 特集「テロの元凶は資本主義と民主主義」 好評発売中
座談会「現代においてテロリズムが意味するもの」
西部邁ゼミナールとの連動企画「世界規模のテロの原因は金狂い資本主義と欲情まみれの民主主義」を掲載。
【タグ】 政治  経済  社会  文化  歴史  教育  国家  戦争   
西部邁ゼミナール TOP