西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2016年5月14日放送
現代若者論 【2】 社交における会話と言葉のチカラを鍛えよ

放送内容

サブカルチャーに明るく現代の若者たちの実情に通じる
作家で評論家の中森明夫氏が今の世の中について語る
「現代若者論」。
青年よ社交における会話、言葉のチカラを鍛えよ!

若者との会話が通じにくくなったという会社の管理職や、
酒場等で空疎な会話になりがちなビジネスマンたち、
その場の状況に合わせた言葉遣いや応対が出来なくなったのはなぜか?
家庭、学校、職場、地域でも老若男女を問わず、
社交における会話や言葉遣いというチカラが問われている。

■苦痛と快楽の微妙なバランスと経験知や世間知による
人間性の訓練の場とは

■落ち着きがあり面白い会話をする工夫

■当たり前な物事に対して疑いを持つ知性とは何か?

【ゲスト】中森明夫〔作家・評論家〕

【出 演】

 西部邁 〔評論家・隔月刊誌「表現者」顧問〕

 今村有希〔女優〕

ゲスト紹介

中森明夫
中森明夫
なかもりあきお
作家・評論家 三重県出身 1959(昭和34)年生まれ

著書に「アイドルにっぽん」 「午前32時の能年玲奈」
小説『アナーキー・イン・ザ・JP』(三島由紀夫賞候補)ほか多数。

【近著】 寂しさの力〔新潮新書〕。
「表現者5月号」特集座談会『非常事態の時を如何に生きるか』へ参加。

良著のすすめ

寂しさの力 中森明夫〔著〕 新潮新書
寂しさの力 中森明夫【著】 新潮新書¥756
「人間の最も強い力」を描き出した作家の新境地。人間のもっとも強い力は「さみしさ」だ。
表現者 2016年 05月号 [雑誌]
表現者2016年5月(66)号 「保守思想による非常事態条項の提言」 好評発売中!
時代も人生も常に非常事態と隣り合わせである。人間の死に方(生き方)と国家の在り方を考える時にある。
表現者 2016年 03月号 [雑誌]
表現者2016年3月(65号) 特集「テロの元凶は資本主義と民主主義」 好評発売中
座談会「現代においてテロリズムが意味するもの」
西部邁ゼミナールとの連動企画「世界規模のテロの原因は金狂い資本主義と欲情まみれの民主主義」を掲載。
【タグ】 政治  経済  社会  文化  歴史  教育  国家  戦争   
西部邁ゼミナール TOP