西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2016年4月16日放送
なぜいま武蔵無常を論じるのか 【1】

放送内容

五輪書や独行道を認め剣豪といわれた宮本武蔵をめぐる数々の作品がある中で、なぜいま「武蔵無常」を論じるのか。
芥川賞作家の藤沢周が、これまで描かれてこなかった武蔵について、深謀遠慮めぐらした「武蔵無常」を題材に、黒鉄歴画でおなじみの黒鉄ヒロシと語る!
人間が抱えている狂気、危機に陥った時に人はどう対処するのか。迷い悩み、足跡が残された五輪書、独行道、そして、枯木鳴鵙図のような言語以前を表現した美の世界。

【ゲスト】 
藤沢周〔作家・法政大学経済学部教授〕
黒鉄ヒロシ〔漫画家〕

【出 演】
 西部邁 〔評論家・隔月刊誌「表現者」顧問〕
 今村有希〔女優〕

ゲスト紹介

藤沢周
藤沢周
ふじさわしゅう
1959(昭和34年)新潟県生まれ、法政大学文学部卒業

書評紙「図書新聞」の編集者などを経て作家に、
「ブエノスアイレス午前零時」で第119回芥川賞受賞。

【近著】 武蔵無常(河出書房新社)

『死亡遊戯』(河出書房新社)
『SATORI』(河出書房新社)
『刺青』(河出書房新社)
『ソロ』(講談社)
『サイゴン・ピックアップ』(河出書房新社)ほか。

黒鉄ヒロシ
黒鉄ヒロシ
くろがねひろし
昭和20年(1945年)高知県出身。平成16年(2004年)紫綬褒章。
隔月刊誌「表現者」の表紙を手がける
【著書】刀譚剣記(PHP研究所)ほか多数。

【著作】『もはや、これまで 経綸酔狂問答』(西部邁との共著)(PHP研究所)、『千思万考』『千思万考-天之巻』『千思万考-乱之巻』(幻冬舎) 「新・信長記」(PHP研究所) 『信長遊び』(リイド社) 『龍馬を斬る 誰が龍馬を殺したか』(小池書院) 『伊勢物語 (マンガ古典文学シリーズ)』(小学館) ほか。

良著のすすめ

表現者 2016年 05月号 [雑誌]
表現者2016年5月(66)号 「保守思想による非常事態条項の提言」 好評発売中!
時代も人生も常に非常事態と隣り合わせである。人間の死に方(生き方)と国家の在り方を考える時にある。
表現者 2016年 03月号 [雑誌]
表現者2016年3月(65号) 特集「テロの元凶は資本主義と民主主義」 好評発売中
座談会「現代においてテロリズムが意味するもの」
西部邁ゼミナールとの連動企画「世界規模のテロの原因は金狂い資本主義と欲情まみれの民主主義」を掲載。
表現者 2016年 1月号 [雑誌]
表現者2016年1月号 第64号 好評発売中
TOKYOMX「西部邁ゼミナール」と隔月刊誌「表現者」の連動企画「憲法改正論点総浚い」を掲載。特集は「憲法改正は如何になすべきか」
【タグ】 政治  経済  社会  文化  歴史  教育  国家  戦争   
西部邁ゼミナール TOP