西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2016年2月7日放送
青年よ、寂しさに屈するな 2016年2月7日放送

放送内容

世界的に混沌とした危機の状態が広がる中で、
現代を生きる若者を励ます言葉の力がたっぷり
含まれる30分。

■ 故郷で一人暮らしをしていた母親が、電話口でポツリと嘆いた「寂しい」という言葉から一念発起してしたためた「寂しさの力」。

■ 悲しさは一時的なもので、寂しさは永遠のものという中森明夫氏。
 寂しさとは一体何なのか?

■ SEALDsにみられるような若者の政治運動について

■ 福田恆存の「人間・この劇的なるもの」を再解釈すれば、
 現代ではアイドルに投影されている

■ 人生とは常に危険や危機に身を晒すこと。
 生きていると実感するとは、どういうことか?



【スタッフ】
 プロデューサー 
 池谷章高〔TOKYOMX〕 
 松島広司〔MXエンターテインメント〕
 番組担当 窪田哲学

ゲスト紹介

中森明夫
中森明夫
なかもりあきお
作家・アイドル評論家

三重県出身、1959(昭和34)年生まれ

著書に「アイドルにっぽん」「午前32時の能年玲奈」、
小説『アナーキー・イン・ザ・JP』(三島由紀夫賞候補)

【近著】寂しさの力〔新潮新書〕

良著のすすめ

寂しさの力 中森明夫〔著〕 新潮新書
寂しさの力 中森明夫〔著〕 新潮新書
ディズニー、ジョブズ、坂本龍馬、山口百恵、酒井法子、中島みゆき……成功はさみしさから生まれる。
表現者 2016年 03月号 [雑誌]
表現者2016年3月(65号) 特集「テロの元凶は資本主義と民主主義」 2月16日発売
座談会「現代においてテロリズムが意味するもの」
西部邁ゼミナールとの連動企画「世界規模のテロの原因は金狂い資本主義と欲情まみれの民主主義」を掲載。
表現者 2016年 1月号 [雑誌]
表現者2016年1月号 第64号 好評発売中
TOKYOMX「西部邁ゼミナール」と隔月刊誌「表現者」の連動企画「憲法改正論点総浚い」を掲載。特集は「憲法改正は如何になすべきか」
【タグ】 政治  経済  社会  文化  歴史  教育  国家  戦争   
西部邁ゼミナール TOP