西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2015年7月5日放送
写真家・小林響が撮った人間の原型1

放送内容

世界で大きな反響も呼びつつも日本ではほとんど話題にのぼらない小林響の伝説的な写真集「tribe」!そこにうつしだされた未開の人間たちの表情や体型、外見などは我々現代人に多くのことを教えてくれるのではないだろうか。世界の未開社会を撮り続けた小林響と西部邁が‘未開と文明’の違いと共通性から「人間の原型」について語りあう。物質文明の絶頂で虚無に漂う日本人必見の文明論!

ゲスト紹介

小林響
小林響
こばやしひびき
写真家  
1955年生まれ。
漫画家、編集者、などを経て29才の時に写真家を志す。

1992年モナコで開催された国際モード写真フェスティバルで日本人として初めて選出される。

代表作に世界の滅びつつある3000人の少数民族のポートレートを9年に渡って撮り続けた写真集「tribe」 がある。
 

良著のすすめ

表現者 2015年 05月号 [雑誌]
表現者60号 好評発売中
特集「資本主義の砂漠 ピケティ現象もその一角」
【タグ】 社会  文化  歴史  教育  国家      
西部邁ゼミナール TOP