西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2015年5月3日放送
鳩山元首相が語る、沖縄米軍基地問題

放送内容

翁長知事と安倍首相の会談が話題となり、現在も予断を許さない辺野古基地問題…鳩山元首相が、普天間基地の県外移転に尽力するきっかけとは?そして、なぜ志半ばで断念せざるを得なかったのか?米軍基地問題を皮切りに日米関係の根本を問い、対米従属から抜け出そうとしない日本の外交を憂う。東アジアにおける日本の立ち位置も徹底議論。戦後70年の節目に首相経験者、一水会代表、そして西部邁が語る、本質的な対米自立論。

ゲスト紹介

鳩山友紀夫
鳩山友紀夫
はとやまゆきお
元内閣総理大臣 東アジア共同体研究所理事長
1947(昭和22)年東京生まれ。東京大学工学部計数工学科卒業、スタンフォード大学工学部博士課程修了。1986年、総選挙で、旧北海道4区(現9区)から出馬、初当選。2009年、民主党代表に就任。第93代内閣総理大臣に就任。
2013年3月、一般財団法人東アジア共同体研究所を設立、理事長に就任。また、同年「由紀夫」から「友紀夫」に改名。
木村三浩
木村三浩
きむらみつひろ
一水会代表
1956(昭和31年)東京都文京区生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。1981年新右翼「統一戦線義勇軍」の結成に参加し、議長に。1992年に一水会書記長に就任。2000年より同代表。 2015年3月に鳩山友紀夫氏とクリミアを訪問。

良著のすすめ

表現者 2015年 05月号 [雑誌]
表現者60号 好評発売中
特集「資本主義の砂漠 ピケティ現象もその一角」
表現者 2015年 03月号 [雑誌]

表現者2015年3月号 好評発売中
特集「プラトンに倣い、民主主義を疑え」
【タグ】 政治  社会  歴史  国家  戦争      
西部邁ゼミナール TOP