西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2015年2月15日放送
文明の衝突と不介入主義外交

放送内容

イスラム国などの中東問題は日本人が手を出せるような問題ではない!オスマン帝国の台頭と西洋文明との対立、イギリス、フランス、アメリカ、イスラエルはイスラム諸国に対して何をしたのか?400年にわたる文明の衝突を理解しなければこの問題の本質は見えてこない。世界史を紐解きハルマゲドンの兆しを感じさせる現下の国際情勢の背景を探る。自由や民主主義ではなく、アラブの人達が真に求めているものとは何なのか?

ゲスト紹介

伊藤貫
伊藤貫
いとうかん
評論家、国際政治・米国金融アナリスト。
1953(昭和28年)東京生まれ、米国在住、東京大学経済学部卒業。
コーネル大学で米国政治史・国際関係論を学び、ワシントンのビジネス・コンサルティング会社で、国際政治・米国金融アナリストとして勤務。
「シカゴ・トリビューン」「ロサンジェルス・タイムズ」「セントピータースバーグ・タイムズ」「コモンウィール」「フォーリン・ポリシー」等に外交評論と金融政策分析を執筆。
CNN、CBS、NBC、米国公共放送、ITN、BBC等の政治番組で、外交政策と金融問題を解説

良著のすすめ

表現者 2015年 03月号 [雑誌]

表現者2015年3月号 好評発売中
特集「プラトンに倣い、民主主義を疑え」
表現者 2015年 01月号 [雑誌]
表現者2015年1月号 好評発売中
特集 「ポツダム」を超えて 
【タグ】 政治  経済  文化  歴史  国家  戦争     
西部邁ゼミナール TOP