西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2015年2月8日放送
「レコンキスタに決起すべきとき2」

放送内容

1960年の安保改定で日米関係が対等になったと言いながら、依然アメリカに守ってもらえると考える戦後日本人。自分の国を自分で守る気概すら持たず、他国の基地が存在するのを容認する振る舞いは、もはや独立国とはいえないのではないか?米軍基地問題などの戦後事件史に的確な解釈を加えながら、日本をめぐる地政学の要となる対ロシア外交の意義を語り、真の意味でのでのレコンキスタを呼びかける!

ゲスト紹介

木村三浩
木村三浩
きむらみつひろ
一水会代表。1956(昭和31年)東京都文京区生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。1981年新右翼「統一戦線義勇軍」の結成に参加し、議長に。1992年に一水会書記長に就任。2000年より同代表。

良著のすすめ

表現者 2015年 01月号 [雑誌]
表現者2015年1月号 好評発売中
特集 「ポツダム」を超えて 
【タグ】 政治  社会  歴史  国家  戦争      
西部邁ゼミナール TOP